指輪のサイズ11.5号⇒19番へ かなり大きなサイズ伸ばし

公開日:  最終更新日:2019/06/06

 
今回はサイズ伸ばしのご紹介です[晴れ]
指輪のサイズ11.5号⇒19番へサイズ伸ばしということで不安もありましたが
御世話になった方からのご依頼、そしてお母様からの譲り受けた形見の指輪と
いうことでお引き受けしました。

それでも3本中2本はセンター石の強度やダイヤが重なっていた等で無理でした。。。。

そしてサイズ伸ばしするデザインはエメラルドとダイヤの数付きリングです。
エメラルドの指輪のサイズ伸ばし01
7.5番UPということは7.5mmのプラチナのパーツを差し込むことになります。

なので、リング内側が広がっていくのですが、強度の無い石枠と石枠と腕との付け根が
強度的に耐えられるか心配でした[あせあせ(飛び散る汗)]
結局ダイヤ同士が触れそうなものもあったので、石枠部分は形状が広がらないようにして
腕との付け根から少しづつ広がるようにしてサイズ伸ばしをすることに。

サイズ直し部分をカットして何度も石の状態を確認しながら7.5mm分広げていきます
エメラルドの指輪のサイズ伸ばし02
そして黒マジックの箇所からカット。 理由は厚みが薄いので。。。。
パーツを差し込んで形を整えると7.5mmのパーツはここよりさらに薄くなります。
なので、もう少し厚みのある箇所からカットしてその厚みをキープするように
サイズ直しすることにしました。

そしてパーツです[exclamation×2]
エメラルドの指輪のサイズ伸ばし03
長いパーツなので、今回はキャストでいくことにしました

ロー付け(溶接)~[晴れ]
エメラルドの指輪のサイズ伸ばし04
元のリングをできるだけ削らないようにパーツは少し厚めに作成してあります。

そして真円出しへ(リング内側を真円にする)[ダッシュ(走り出すさま)]
エメラルドの指輪のサイズ伸ばし05
画像ないのでイメージ画像です[たらーっ(汗)]
真金(金属の棒)にさして木槌で叩いていくのですが、石枠部分に負担が掛からないように
真金とよくあたる箇所はヤスリで削りもしました。

そして、綺麗に磨いて、石ガタのチェックをして、仕上がり~[晴れ]
エメラルドの指輪のサイズ伸ばし06
正面も綺麗になりました。 軽く磨いただけですが石の照りが戻ります[ぴかぴか(新しい)]
エメラルドの指輪のサイズ伸ばし07
思った以上に真円はでたかなぁ、という印象でした(^^)/

エメラルドの指輪のサイズ伸ばし08
腕も綺麗に磨きました[手(グー)]

エメラルドの指輪のサイズ伸ばし09
今回はここでサイズ直ししてないけど、、、このカットも載せます(^^)

サイズ直しは何度もしているけれど、きわどいサイズ直しは怖いです[あせあせ(飛び散る汗)]
無事納品できてよかったです[晴れ]

今までのアフターケアをホームページで見ることができます。 ぜひご覧ください (^^)
アトリエエッグの指輪のサイズ直し ← こちらから移動できます。

さぁ~、仕事に戻ります[ダッシュ(走り出すさま)]

 
アトリエエッグは修理だけでなくオーダージュエリーや結婚指輪も製作しています。
トップページから今までに製作した、いろいろなジュエリーをご覧になれます
   << アトリエエッグのオーダージュエリーや結婚指輪を見る >>
 

コメント

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑