ワックス加工用の工具を改善してみました

公開日:  最終更新日:2019/01/13


今回はかなりマニアックな内容で独り言ブログです、、、(^^;)
なので画像のみサクッ、と見てもらえればと思います。。。

エッグの切削機は柄彫りで不得意のものがありまして、それが桜柄[あせあせ(飛び散る汗)]  ↓コレです
桜 結婚指輪 01
切削機のみだと花びらの輪郭がきちんと彫れないんです。
そのためワックスの時に手作業で桜柄を彫り直しをしています、もちろん地金の時も[手(グー)]
↑ ただ今、製作中の桜柄もワックスの時に手作業で修正しています。
でも、これが結構やりにくい作業工程だったんです。。。

なんでなんだろうと、思いながら ずっと製作していたのですが、ようやく分かりました[ひらめき]
そして、、、修正版の彫金工具はこんな感じ[目]
ワックス加工用の彫金工具を改善 01
上が元々の工具で、下が細かい柄をいじれるようにした修正版です。

持つところ(グリップ) と 工具の先端までの距離が短くなるようにしました。
少しでも繊細な動きが出来るように、、、 ただこれは短すぎたので再製作しますけど[あせあせ(飛び散る汗)]
ワックス加工用の彫金工具を改善 02
もともとは陶芸用の工具なんですが、グリップの太さといい、軽さといい、
ほんとに使い易くてワックス成形の際に重宝してたんです[exclamation×2]
ただ、弾力性のある金属を使用しているので、細かい柄の修正には不向きだったようです[たらーっ(汗)]
修正版の感じは悪くないです。 弾力性が弱くなったのが大きかったようです(^^)

こちらは以前から使用しているワックス用の工具[exclamation×2]
ワックス加工用の彫金工具を改善 03
どちらもよく使用していて、上は陶芸用の工具です。
下はリューターの先端工具(スチールーバー)をダイヤモンドヤスリに当てて成形。

先端は陶芸用の工具は尖って針のような形状で、スチールーバーはほぼ平です。
って分かりにくい画像ですね[あせあせ(飛び散る汗)]
ワックス加工用の彫金工具を改善 04
陶芸用は弾力性があり、表面はつるんと綺麗です。
スチールーバーは弾力性はなしで、ダイヤモンドヤスリのザラザラを残しています。
ワックス成形の時には使い分けて使用して、重宝しています(^^)

そんな工具たちで製作した桜の柄の結婚指輪、時間も短縮できて、、、
桜 結婚指輪 ワックス

キャスト後の感じもよかったです~[晴れ]
桜 結婚指輪 02
2本ともピンクゴールド。 凹み部分をつや消しにして色味をそろえてる最中に、、、[カメラ]
今は仕上がってお客様のところへ郵送中です。 出来上がりはまたご紹介します

こちらの指輪の完成品を製作ブログでご紹介しています
桜模様の結婚指輪をセミオーダーで製作 公開日:2018/11/28


最後に、、、上の陶芸用の工具を以前の製作ブログでご紹介しています
彫金工具(彫金ワックス用の工具) 公開日:2016/02/05
ワックス加工用の彫金工具を改善 05
使いやすくて、価格もお安いのでお勧めです(^^)

さぁー、ワックス製作、製作~[ダッシュ(走り出すさま)]  今日、工場に発送しないと[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

 
      <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
 

コメント

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑