桜の結婚指輪

公開日:  最終更新日:2016/11/28

今回のご紹介は桜の柄の結婚指輪[exclamation×2]
三重県からのご来店でした。 遠方よりありがとうございました。

アトリエエッグのセミオーダーで3mm幅、形状は甲丸リングをお選びになりました。
結婚指輪 セミオーダーの詳しい内容はホームページで載せていますので
コチラをご覧ください ⇒ 結婚指輪 セミオーダー

うちではほんとに多い桜柄になります。
でも、今回もこだわりの桜柄になっております[手(グー)]
女性の指輪はリング一周に柄が入っていますが、男性は正面のみワンポイントで
桜柄を彫刻をしてあります。 また桜が一輪のみセットになるようにそれぞれの
指輪に彫刻してあります。
桜の結婚指輪01
うちは「 切削機+手 」で柄を彫刻していきます。
機械で全部入れるんじゃないの? と思われるかもしれませんが
花びらの先と付け根の鋭い部分は彫刻できないんです[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
なので、デザインカッターで金属になってから切っていきます。
デザインカッターで金属を切るなんて意外でしょう[exclamation&question]
刃の交換は何度も必要ですが、切れます[手(グー)]
特にプラチナは何とも言えない、病みつきになる感触です(^^)

桜の結婚指輪02
うちではセミオーダーは平打ち、つや消しで製作することをお勧めしています。

セミオーダーは柄がデザイン的に一番重視する箇所になると思いますが
甲丸だと、リング両端にちょっと柄に歪みが出るような気がして、、、

また、つや消しをお勧めするのは柄で凹んだ箇所があるとその周りで
面ムラが出やすい、そして柄の輪郭がちょっとぼやける印象があって、、、、です。

でも[手(パー)] これはぼくが何個も彫刻のリングを作っての印象です。
あくまでもぼくの個人的な感想です (^^)

桜の結婚指輪03
今回のお客様はそれでも磨きをご希望されたので、ぼくのほうも極力面ムラが
出ないように丁寧に仕上げました。

桜の結婚指輪04
アトリエエッグではセミオーダーや卸でたくさんの柄を彫刻をする指輪を製作してきました。
お客さまのご希望を聞きながら、細かすぎる柄はデフォルメを加えながら、、、
製作面を考慮しながらアドバイスさせてもらいますので、お気軽にお問い合わせください[晴れ]

このリングはエッグのホームページにも載せています。
その他のセミーオーダーの結婚指輪も見れますので、ぜひご覧ください。
桜 結婚指輪 (セミオーダー) ← こちらから移動できます。

暑い日が続いていますが、体調管理気をつけてください[exclamation×2]
それでは仕事に~[ダッシュ(走り出すさま)]
 
アトリエエッグ【京都】は結婚指輪や婚約指輪をアレンジやオーダーメイドで作っている工房です。
作り手さんが直接お客様の対応をするので、気になることがあればお気軽にお問い合わせください。
         オーダーメイドで製作する結婚指輪|アトリエエッグ


 

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑