ワックスを工夫して石留め・・・

公開日: 

以前、ご紹介したワックスに手作業で細いラインを入れてから、キャスト、そして石留め、、、、
04.jpg

少しづつ修正も加えて、ようやくいい感じになってきました~[晴れ]
出来るだけ細い指輪に留めたかったので、デザインを変更してまっす[手(パー)]
06.jpg
通常はこういったリングは彫り留めという技法で石留めをしていきます。
ただ彫り留めで石留めをすると表面が平らっぽい印象になります。

今回のリングは表面が軽く丸みを帯びている甲丸リングなので、
その雰囲気を持って石留めることできるかな? というお試しです[手(パー)]
ダイヤのテーブル面が平らなので、リング表面に丸みが出たかというと、、、、微妙でしたが[雨]

リングの幅ギリギリのダイヤの大きさで留めることができ、彫り留めように
ダイヤの上下に光る地金のラインが入ります。 自分にとってはこれがよかった(^^)

こんな玉グリという彫金工具で石留めをしていきます。
01.jpg

先端はこんな感じ
02.jpg
これで地金を抑えるとプックリとした光った球状でダイヤを留めることができます。

07.jpg
それと彫り留めは地金の表面とダイヤのテーブル面の高さが同じ位だと思いますが
この石留めはダイヤのほうが飛び出ています。
それによって、表面に丸みが少しついてるようにも見える、、、、かも[たらーっ(汗)]

あっ[手(パー)] もちろんダイヤを低くして留めることも可能です。
むしろその方が留めるのが楽です(^^)

とりあえずシルバーとキュービックでサンプルをドンドン作っていこうと思います[手(グー)]
そして今年は彫り留めも学ぼうと思ってます。
今回のようにワックスを工夫してからの石留め と 地金の状態からの彫り留め、
両方で対応できようにしていきたいです。

さぁ、今日は帰ろう~っと[exclamation×2]
 

アトリエエッグ【京都】は結婚指輪や婚約指輪をアレンジやオーダーメイドで作っている工房です。
作り手さんが直接お客様の対応をするので、気になることがあればお気軽にお問い合わせください。
          京都西陣で製作する結婚指輪|アトリエエッグ

 

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑