上手くできるかな?

公開日:  最終更新日:2017/06/01

寒いですね~[雪] 工房内は窓が大きいためとても寒い(><)
なので、山で使っていたカッパを着て仕事してます。
そして湿度も上げて風邪を引かないように、、、 仕事に奮闘中[手(グー)]

今回は上手くできるかな、、、? という感じで画像ばかりのブログです[あせあせ(飛び散る汗)]
まずはサンプルのワックス[exclamation×2] アンティーク調の結婚指輪のワックスです。
アンティーク調の結婚指輪のワックス
リング幅6mm。 思い切って幅太で作ってみました。 いい感じなると思うんだけど(^^)

そして、こちらもリング幅6mmです。 王冠を使った結婚指輪。
王冠を使った指輪
デザインがちょっと見難いですが、ただ今シルバーでキャスト中・・・
また、仕上げてブログでご紹介していきます(^^)

そして、こちらは石留めがいい感じになるかな? というお試しワックス[exclamation×2]
リング ワックス
石がずらりと並んだリングですが、、、
通常はこういったリングは彫り留めという技法で石留めをしていきます。
ただ彫り留めで石留めをすると表面が平らっぽい印象になります。

今回のリングは表面が軽く丸みを帯びているので、その雰囲気を持って
留めることできるかな? というお試しです[手(パー)]
ということで、ワックスにラインを入れてみました。 淵はほしいのであります。
リング ワックス 02
鋭い工具でスゥ~~っとラインを手で入れます[exclamation×2]
なぜ切削機でラインを入れないかというと太いラインになってしまうためです。
細い線は手で入れたほうがいい感じになります(^^)
こちらもシルバーでキャスト中・・・ また、ブログでご紹介していきます(^^)


そして、ただ今製作中のオーダーメイドのピンブローチです。
ピンブローチ
ブローチ系は溶接が結構あるので、あ、あまり得意ではないのですが奮闘中であります[手(グー)]

こちらもオーダーメイドのブローチ[exclamation×2]
ブローチ
組み立てて、一個にしてから金具を溶接、、、
最初から一個にしてないのは各パーツ磨いてから組み立てたほうが綺麗に仕上がるからです。

最後はタイニーピン。 ダイヤの石枠は1.4mm用なので、手に持つのも大変な大きさ、、、
タイニーピン
小さいパーツは磨くのも大変だし、溶接も手間がかかります[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
いつもはこういった溶接するパーツにはカチッとはまるように凹凸やポッチ等
を付けているのですが、今回はデザイン的にムリだったので溶接の一発勝負です[パンチ]
位置決めや石枠の方向、そして0.4mmの爪など溶接はちょっと怖いですが、、、[あせあせ(飛び散る汗)]

さぁ~、今週中には全部仕上げる予定です[パンチ]
製作に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)]

 


 

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑