ダイヤモンド 4C

ダイヤモンドの4Cについて

『 4C 』 とは、人の手によりカットされた宝飾用ダイヤモンドの品質を評価する、国際基準です。

CARAT (カラット=重さ)
CLARITY (クラリティ=透明度)
COLOR (カラー=色)
CUT (カット=輝き)

の4要素から評価し、それぞれの頭文字を取って『4C』と称されています。

CARAT カラット=重さ

CARATカラット=重さ
重量を表す単位で、1ct = 0.2g。0.3ct~0.5ct 位が一般的ですが、最近は0.2ct台も増えています。
0.1ct0.15ct0.2ct0.25ct0.3ct0.35ct0.4ct0.5ct1.0ct
0.1カラットダイヤモンドのイラスト
約3.0mm
0.15カラットダイヤモンドのイラスト
約3.4mm
0.2カラットダイヤモンドのイラスト
約3.8mm
0.25カラットダイヤモンドのイラスト
約4.2mm
0.3カラットダイヤモンドのイラスト
約4.4mm
0.4カラットダイヤモンドのイラスト
約4.6mm
0.4カラットダイヤモンドのイラスト
約4.8mm
0.5カラットダイヤモンドのイラスト
約5.1mm
1カラットダイヤモンドのイラスト
約6.5mm

COLOR カラー=色

COLORカラー=色
色みを表す品質基準。無色透明のDカラーから始まり、低ランクになるほどに黄色みが強くなる。
DEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
DEFダイヤモンドのイラスト
無色
GHIJダイヤモンドのイラスト
ほぼ無色
KLMダイヤモンドのイラスト
わずかな黄色み
NOPQRダイヤモンドのイラスト
非常に薄い黄色
STUVWXYZダイヤモンドのイラスト
薄い黄色

CLARITY クラリティ=透明度

CUTカット=輝き
ここで言う透明度とは、ダイヤモンド内に炭素以外の鉱物や傷等がダイヤの表面・内部にあるか否かです。
もちろん、他の鉱物や傷がないものが品質の高いダイヤモンドとなります。
ダイヤモンドの表面の状態や内部の特徴を10倍ルーペを使って検査し、 11段階に分けて評価。
高ランクのもの程、傷等の内包物(特徴)が少ない(=透明度が高い)。
FLIFVVS1VVS2VS1VS2SI1SI2I1I2I3
FlawlessIntemary
Flawless
Very Very
Slightly Included
Very
Slightly Included
Slightly IncludedIncluded
内外部ともに特徴なし 内部には特徴なし。表面に僅かな特徴あり 内包物等の発見が困難 内包物等の発見がやや困難 内包物等の発見が容易、肉眼では困難 内包物等、肉眼で容易に発見できる
FL,ILダイヤモンドのイラスト VVS1,VVS2ダイヤモンドのイラスト VS1,VS2ダイヤモンドのイラスト SI1,SI2ダイヤモンドのイラスト I1,I2,I3ダイヤモンドのイラスト

CAT カット=輝き

COLORカラー=色
ダイヤモンドの輝きを決める評価。
プロポーション(ダイヤモンドを形作る比率)、ポリッシュ(表面の研磨状態)、シンメトリー (対称性)の3つの要素にて総合的に5段階で評価され、4Cの中で唯一、人の手による技術を評価したものです。

5段階評価 … 最高位の 「Excellent」 からグレードの順位が決定します。

3EX (トリプルエクセレント)

カットを決める3要素全てにおいて 『Excellent』 評価を得たダイヤモンド。 トリプルエクセレントは、職人によるカッティング技術の最高傑作です。

さらにこだわるなら『ハート&キューピッド』

ダイヤモンド ハート&キューピッド
パビリオン側から見えるハート

ダイヤモンド ハート&キューピッド
クラウン側から見えるアロー

ダイヤモンドを特殊な器具で見た時に、ダイヤの表(パビリオン)側から天使の矢の形が8本、裏(クラウン)側から見るとハートの形が8個見えるダイヤモンドは、『ハート&キューピット』と呼称されます。

これは、パーフェクトに対称なカッティングから生まれる、光の屈折によりできる現象です。

 

京都のアトリエについて

アトリエ エッグは京都、大阪、滋賀、奈良 といった近県のお客様だけでなく
遠方のかたのエンゲージも対応もさせていただいています。

メールや電話などでお客様のご希望を聞きながら、婚約指輪のアレンジの対応もしていますので
お気軽にお見積りなど、お問い合わせください。

メールや電話などでお客様のご希望を聞きながら形にしていきますので
お気軽にお見積り、お問い合わせなど、ご連絡ください。

アトリエエッグ オリジナル 結婚指輪はこちら

オリジナル結婚指輪

はじめての方も お久しぶりの方もMore content

 

△TOP