ブログTOPへ戻る

新着順記事一覧

  • カルティエ(バレリーナ)のサイズ直し&修理

    公開日:  最終更新日:2020/04/03

     
    今日もブログ長いです~ 太陽
    なので、画像だけサラサラ見てもらえればと思います(^^)

    今回は切断されたカルティエ結婚指輪のサイズ伸ばしと修理です 感嘆符
    お問い合わせが来た際には最初はお断りしたんです (><)
    カルティエのピンクゴールドのサイズ直しは厳しいと思ったので 汗汗
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 01
    そしてサイズ直しをしてくれるお店もあると思うし、消防署で切断する際に
    どこでカットするのが良いかアドバイスをしていると、、、
    エッグで修理&サイズ直しをやる流れに~~(^^;)
    ※ 今回のお客様は秋田県在住の方だったので消防署でカットされました。

    切断された2箇所にサイズ伸ばしパーツを差し込み、サイズも合わせ、、、
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 02
    そしてリング幅、リングの厚みをキープさせるのは僕にとっては難易度高いです 汗
    また強度面も心配でした。 リングが4パーツに分かれることになるので、、、

    さて、まずはサイズ伸ばし用のパーツ作りです グー 02
    こんな感じのピンクゴールドの角棒を用意して、、、
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 03

    目標の#16.5号の丸みにします。 ピンクゴールドは硬いので大変でした、ハイ 雨 切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 04

    そして、今回のサイズ直しでは初めのの試みを、、、
    ピンクゴールドの丸線を食い込ませました 感嘆符
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 05
    硬くて衝撃に強くないピンクゴールド、いつもの溶接(ロー付け)ではちょっと心配でした。
    なので、強度を上げるため丸線を食い込ませることにしました。

    両側に丸線を食い込ませます。
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 06
    これで前後左右方向の強度は増すと思います。  ただサイズ直しの難易度は増します(><)

    グレーバーマックスを使ってサイズ伸ばし用のパーツを押し込みます。
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 07
    触った印象ではかなりガッチリしています グー 02
    そしてパーツ同士の隙間がないように微調整をしました。 ココで仕上がり具合が決まります、、、

    溶接(ロー付け)~ 太陽
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 08
    内側をギリギリまで削り取ります。 目標の#16.5号が出るか確認するためにです。
    リング状にする前にパーツを小さく削るのは初めてです。。。
    この手順でいいのか、迷いながらの作業でした(^^;)

    サイズ伸ばし用パーツにも丸線を差し込みます。
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 09
    長さが違うのは理由があってのことなんです(^^)

    2度目の溶接(ロー付け)~ 太陽  サクッと溶接している感じですが、、、
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 12
    2度目の溶接前の位置合わせのための微調整は時間が掛かりました 汗
    サイズを合わせるためパーツを削って、リングの幅や厚みが変わらないように位置あわせ、、、
    何度も確認しながらの作業です。。。

    無事溶接が終わると、硫酸に浸けて、、、 
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 13

    表面の黒味を取って、ゴールドの色合いに キラキラ
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 14
    なんかピンクゴールドの見えませんが、実物はピンク色でした(^^)

    差し込んだパーツの内側を削ってサイズ出しをします。
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 15
    ピンクゴールドはバネ性のある硬さなので正確な真円はでないです。。。
    なので強引に真円を出しても楕円に戻ってしまうんです 汗

    側面を整えていきます。 リングの幅が変わらないようにパーツのみを削っていきいます
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 16

    表面をヤスリで整えていきます。
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 17

    小キズを取りながら研磨していきます。 ここまで来るとちょっとホッとします 太陽
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 18

    側面から見るとこんな感じ 見る
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 19

    ピンクゴールドのカルティエの結婚指輪(バレリーナ)のサイズ延ばしが仕上がりました~ 太陽
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 20

    上から見るとこんな感じ。 サイズ直し箇所は時計で言うと2時と10時くらいの位置かな、、、
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 21

    サイズ直し箇所。
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 22
    同じくサイズ直し箇所。
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 23

    カルティエの刻印も残すことが出来ました 感嘆符
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 24

    リングの内側、、、 刻印も残すことが出来ましたがパーツの色味が少し違いような、、、
    YP135の右側が差し込んだパーツです。
    切断されたカルティエ(cartier)の結婚指輪のサイズ直しと修理 25 01
    画像では分かりますが、製作中マイクロスコープでも色味の違いは感じませんでした 汗
    もちろん肉眼では色味の違いを感じることは無理です。

    そして、秋田のお客様宅へご郵送~ 急ぐ
    お客様にも喜んでもらえて 太陽  僕にとっても学ぶことが多いサイズ伸ばし&修理となりました。
    修理はやる前に不安なのですがやりきった後には ほんとやりがいを感じるですよね~(^^)

    さぁ~3月の後半戦、結婚指輪の製作に、修理にがんばりまっす グー

     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • 譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする

    公開日:  最終更新日:2020/04/03

     
    3月ですね~、暖かくなってきました~ 太陽   今日は少し寒いですが(><)
    あとは花粉がなくなれば散策シージンの到来です(^^)/
    いろいろ大変な時期ですが、自分がやれることをやるだけです グー 02

    ということで、今回は譲り受けたエンゲージを彼女さまに贈るため、サイズ直しです 感嘆符
    作業工程をサクサクとご紹介~☆  画像多めで文章少なめで、、、(^^;)
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 01 
    このエンゲージを#11号から#4.5号へ、、、 6.5号のサイズダウンです。
    6.5号のサイズ直しはなかなかすることはありません 汗

    腕も小キズが付いて照りがない感じに、、、  見る  
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 02
    リング内側の刻印も Pt900 ではなく PM900 だったので、かなり古いエンゲージです パー


    過去に一度サイズ直しをしています。 ロー付けの変色が残ってました。
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 04
    こういう場合はこの箇所をカットしてサイズ直しいます。

    爪には大きな凹みも、、、 これは触らずこのままで仕上げます。
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 05

    6.5号ダウンなので、約6.5mmカットすることに
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 06
    かなりの隙間ですが、、、、

    こんな感じに少しづつ地金を寄せていきます。  ゆっくり、ゆっくりと~(^^)
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 07

    円ができるように地金を寄せると、後の工程がしやすいのと指輪にも優しいのです(^^)
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 08

    溶接(ロー付け)~ 感嘆符
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 09

    形を整えながら、リング表面のキズを取っていきます。
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 10

    その後は研磨、ひたすら研磨をして、、、
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 11
    丁寧に研磨することで稜線も現れてきました。

    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 12
    サイズ直し部分。 自前のロー材を使用するとでロー目も出ません パー

    そして、綺麗に研磨して6.5号ダウンのサイズ直しが仕上がりました~ 太陽
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 13
    古いエンゲージはとても高さがあるのが特徴なんです。
    リフォームする お話しもありましたが今回はサイズ直しで対応しました。
    彼女さまと打ち合わせし、今後ペンダントにする可能性も(^^)

    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 14

    サイズ直し箇所です 見る
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 15
    6.5号のサイズダウンは石枠付近に負担が掛かるかな、、、 と思いましたが
    無事にサイズ直しできました。 また無事に納品もできてよかったです 太陽


    その他のお仕事は、、、 ワックス製作です 感嘆符
    譲り受けた婚約指輪をサイズ直しする 17
    オーダーメイドの結婚指輪やオリジナルの結婚指輪のワックスたちです。
    今回は手こずりました、、、 こちらも無事日曜発送で東京のキャスト工場へ 急ぐ
    最近は地金相場が乱高下しているので、高騰しないようにお祈りする作り手さんでした、、、(^^)


    それでは今週もがんばっていきましょう~ グー

     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • お客様が描いた唐草模様の結婚指輪

    公開日: 

     
    2月も終わり、3月ですねー 太陽  大変な時期ですが、まずはやれることをやるだけです グー
    今月も結婚指輪やオーダージュエリーの製作をがんばっていきます 感嘆符

    今回はお客様がご自身で描いた唐草模様を彫刻した結婚指輪 のご紹介です キラキラ
    素材は女性用はプラチナ、男性用はホワイトゴールドで製作してあります。
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 11
    お二人のお名前には植物の漢字が使われており、また縁起の良いということで唐草模様を
    結婚指輪に彫刻しようと決められたそうです。

    滋賀県からご来店のお二人。 奥様がデザイン画を描かれて来店されました。
    確認させて頂くと、、、 おぉ~、唐草模様の線の強弱も流れもいい感じ~(^^)
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 01
    その中で、丸印でチェックされた唐草模様をベースにデザイン展開することに 感嘆符

    デザイン画を見ながら実際の結婚指輪の幅、6mmに収まるようにCADで確認していきます。
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 02
    感じがとても良かったのと、、、 ご自分たちで描いた紋様というのも大事にしたかったので
    ほぼお客様の唐草模様を使いました(^^)
    ただ、細すぎる線は耐久性がないので太くしたり、、、
    リング一周に途切れなくバランス良く入るように少しだけ手を加えました グー

    同時に実寸ワックスでも製作可能か確認して、細かい部分のデザイン修正をして、、、
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 03
    お客様のご自宅にワックスを郵送~ 急ぐ
    お客様のデザインのOKが頂けたので、こちらの唐草模様で本番製作です グー 02

    そして、今回のワックス製作では今までに なかった唐草模様に改善を加えています。
    以前の唐草模様は、、、 唐草模様の側面にガタガタとラインが入ってたんです。
    以前の唐草模様の結婚指輪(アンティーク)
    これは切削機の跡なんですが、今回はこのガタガタを消してあります。
    あまり変わらないと思われるかもしれないけど、何度も唐草模様見てると
    なんか違う、、、滑らかと感じたんです(^^;)
    はい、いつもの自分だけが良いと感じるパターンですが、今後も続けます グー

    話しを戻して、、、鋳造から無事に上がってきました(^^)/
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 04
    唐草模様に少し欠損やバリと言って段差のようなものがありましたが、問題ないレベル パー
    プラチナを盛って唐草模様を修復させます。

    あと唐草模様の気になる箇所を修正、、、 ワックス時に気付かない所もあるんです 汗
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 06
    ふぅ~、整え終わりました~ 太陽   ココまで来るとホッとします(^^)/

    サンドブラストを当てて、一度全体の色味を統一します。
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 07
    あと全体をつや消しにすると唐草模様が見やすくなるんですよね、
    気になる箇所があれば修正して、再度サンドブラストです。
    この時に先ほどのワックス改善の違いが、、、唐草のラインが滑らかだ~、感じました(^^)

    唐草模様の表面を整えながら研磨です グー  って、ほとんど分からない画像ですね(^^;)
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 08
    ミル打ちも彫金工具を使って、ひとつひとつ整えました。 ぷっくりです 感嘆符

    男性用も同じく整えて、ほぼ仕上がりに近いです
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 09


    そして唐草模様を彫刻した結婚指輪、仕上がりました~ 太陽
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 10
    2本ともリング幅6mm、太いです 感嘆符   そしてサイズは25.5号と11.5号。
    25.5号、、、男性用はなかなかの迫力のある結婚指輪に仕上がりました グー 02

    こうやって見るとプラチナとホワイトゴールドの色の違いがハッキリ分かると思います。
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 11

    唐草模様はやさしいつや消し、ベースは強いつや消しでコントラストをつけてます。
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 12

    最後にもう一点、こだわりが、、、
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 14
    リングの表面ですが、女性用が丸みが強くて 男性用は丸みを抑えてるんです。
    オーダーメイドで製作しているので、細かいご希望にも対応できます グー 02

    ちなみにさらにUP画像にすると、、、
    お客様が描いた唐草模様の結婚指輪(アンティーク) 17
    改善した唐草側面のガタガタがないのが分かる、、、ピンボケしてるか(^^;)

    お客様にも大変喜んでもらえて、作り手としてはほんと嬉しいのであります(^^)
    その嬉しさが次の改善に繋がり、少しでも良いものへと進むと思っています。 思いたいです(^^;)

    ふぅ~、今回のブログも長くなってしまった 汗
    それでは3月もがんばっていきますよ~ グー

     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • ティファニーのミルグレイン +5号のサイズ直し

    公開日:  最終更新日:2020/04/03

     
    今回はティファニーのミルグレイン(結婚指輪)のサイズ直しと修理 です 感嘆符
    指から外れなくなったということで、指輪のカットした後にサイズ伸ばししました。
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 01
    デザインはこんな感じ 見る   この結婚指輪を5号ほどサイズUPさせます グー
    両サイドにミルグレインが入れてあるんですが、どこまで表現できるのか心配でした 汗

    この結婚指輪(ミルグレイン)はカット後に広げるのにとても苦労しました。
    とにかく内側へのテンションが強いため、ヤットコ(ペンチ)で広げても戻ってしまうんです、、、 雨
    外れなくなった指輪の切断の際に使う工具 07
    ということで、新型の自作の器具をぶつけ本番で使用しました 汗

    こちらの器具は製作ブログでご紹介しています☆
    外れなくなったリングを綺麗にはずす器具   公開日:2019/11/08
    特徴はヤットコでリングを掴まないから、リングへのダメージが少ないこと(内側のブランド刻印など)
    あとは内側へのテンションがあっても楽々リングを広げられることです。


    広げた状態の結婚指輪、、、が2本。。。
    今回はご夫婦でリングが外れなくなってしまったんです 汗
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 02

    まずは何番UPか調べないといけないので、元に戻してみます。
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 03

    目標のサイズまで広げてみると、、、 このぐらい地金(Pt950)を足す必要があるんです。
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 04

    そして、今回のサイズ伸ばしがいつもと違う点です パー
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 05
    いつもは無地の地金を差し込んでサイズUP、そしてデザインに合わせて削り出しますが、、、
    この指輪の変形ミルグレインを地金で作り出すのは厳しいと判断。。。
    ワックスで製作して鋳造でパーツを作成することにしました グー

    そして、鋳造へ~ 急ぐ
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 06
    結婚指輪の方をよく見るとミルグレインの間隔が男性用と女性用で違うんです 汗
    もぉー、なんで同じ間隔じゃないのー!!
    と思いながらパーツもリングのミルグレインに合わせて製作しました(^^;)


    パーツを差し込んでみて、断面のすり合わせをします。
    うん、押し込めばちょうどいい感じです(^^)
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 07

    押し込んで、ロー付け(溶接)~ 感嘆符
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 08
    リングの内側を整えて、サイズがきちんと出てるか確認します。
    一度目は出ていないので、もう一度 糸ノコを入れてサイズを出しました 汗

    目標のサイズが出たら、リング表面の凹みをプラチナで埋めていきます。
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 10

    内側はこんな感じ、、、 ティファニーの刻印も残っていますね 見る
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 11

    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 01ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 12

    リング表面を工具を使って小キズを取りながら、表面を締めます。
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 13

    そこから面ムラなどが出ないように丁寧に研磨をしていきます。
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 14
    同時に両サイドのミルグレインを整えていきます、、、、
    が、これがやはり厳しかったです(><)

    たぶん、ローラーのようなもので強い圧を加えながらミルグレインを入れていったと思うのですが
    独特の表面テクスチャー(色味というか光沢)が付いているんですよね
    なので、仮にカッチリ同じ形状が作れたとしても色味や光沢が少し違う感じになると思いました 汗

    そして、ティファニーの結婚指輪のサイズ直しが仕上がりました~ 感嘆符
    男性用の結婚指輪 (正面がサイズ直し部分、5~6mmくらいが差し込んだパーツ)
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 18

    女性用の結婚指輪。 こちらも正面がサイズ直し部分、5~6mmくらいが差し込んだパーツ
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 19
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 21

    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 15
    女性用は特に難しかったです、ほんとに(ToT)
    お客様にはあらかじめミルグレイン部分は違いが出るとお知らせいたので、ここでストップです。
    やれることは試したので、これ以上 手を加えてもよくならないと判断しました。

    ただ、この画像は拡大画像なので実際の指輪はではもう少し目立たなくなると思います。
    お客様もそう言われていたので、そして気に入ってもらえたようで無事納品できました~ 太陽

    アトリエエッグでティファニーのミルグレイン のサイズ直しや修理した場合は
    このレベルで仕上がります、 という ご紹介で拡大画像で載せてみました。

    その他、横から見ると 見る
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 16

    男性用のティファニーの刻印ですがこんな感じです。 クッキリ残っています 感嘆符
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 18

    女性用は「FF」の辺りが薄くなっています。 これはリングを広げる際にヤットコで掴んだためです。
    ただ、ヤットコでは広げることができなかったので途中から自作の器具を使いました。
    ティファニーのクラシックミルグレイン (結婚指輪)のサイズ直し 19
    メンズは新しい器具で広げたので、刻印へのダメージはありませんでした。

    という感じに、今回のブログは長かった~ 汗
    そして手強いサイズ直し&修理のご紹介でした(^^;)

     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • 結婚指輪、なんとか間に合いました~!!

    公開日: 

     
    もう2月も終わりますね~ 急ぐ  1月、2月はあっという間の2ヶ月間でした~ 汗
    来月もこんな感じにお仕事が頂けたら、、、 と願う作り手さんです(^^)
    あっ、でも確定申告もしないといけないんだ、、、(^^;)

    さて、今回のご紹介は結婚指輪です~ 太陽
    急ぎの結婚指輪 04
    シンプルな中にも個性的なテクスチャーの入った指輪で、、、
    アトリエエッグでは人気のマリッジリングなんです (^^)

    滋賀県からのご来店で、旦那様はフランスご出身の方でした。
    デザインは ほぼホームページから決められていたようで、すんなり 絞り込めて
    サイズの確認、そして納期のお話をしてると、、、
    10日後に旦那様はフランスに戻られるということでした。。。 えぇぇ~ 汗 (心の中の悲鳴)

    やれるだけのことはします グー とのご返答しかできなくて(^^;)
    キャストという工程だけは東京の工場でやらないといけないので、かなり厳しいんです。
    仕上がれば、アトリエエッグ史上最速の納期になります 感嘆符

    ということで、急いでワックス製作して東京に発送して 急ぐ
    無事にキャストから上がってきました~ (^^)/
    急ぎの結婚指輪 01
    いい色合いで上がってきました。 欠損などもなく、これなら納期に間に合いそう。。。
    作り手としてはホッとするのであります 太陽

    形を整えて、テクスチャーを丁寧に入れて、研磨していきます。
    急ぎの結婚指輪 02
    急いでいても丁寧に製作です グー 02

    そして、内側に文字入れをして無事に仕上がりました~ 感嘆符
    急ぎの結婚指輪 03
    ご注文を受けてから8日後に納品できました。 ただ通常は無理なんですm(_ _)m
    東京のキャスト屋さんが土日お休みで、郵送の往復で2日間掛かるからです。
    たまたま来店された曜日がよかったので できた短納期でした。

    納品時に そのまま身に付けて帰られたのが印象的でした~ キラキラ
    なんとか間に合うように製作できて、よかった~!! と思います(^^)
    F さま、関西に戻られた際には工房に寄って、新品仕上げなどアフターケア受けてくださいね。

    こちらは結婚指輪のページでお値段などもご紹介しています☆
    【NO.56】 シンプルだけど個性的なテクスチャーの入ったマリッジリング


    さてさて、次はサイズ直しやブレスの修理です 汗
    結婚指輪のサイズ直し 修理 ブレスの修理
    なかなか、イヤかなり手強い修理が待っているようです タラー

    それでは製作にもどります 急ぐ

     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • アレンジでミル打ちを大きくしました☆

    公開日:  最終更新日:2020/02/26

     
    な、なんと今年初めてのブログ更新であります タラー
    体調不良とかではなく、製作でドタバタ状態でした、、、 年始から お急ぎの結婚指輪などで汗
    ようやく山場を越えたので、ここからはブログ、そして確定申告をがんばらねば~ グー

    今回のご紹介はアレンジで大きめのミル打ちに変更した結婚指輪太陽
    ハードプラチナのPt900で製作してあります。
    アレンジで大きなミル打ちに変更した結婚指輪 08
    年末に東京から来店されたお客様で、ミル打ちの結婚指輪を探されていたとのこと。

    その中でチェックされたのがアトリエエッグの大きめのミル打ちの指輪でした。 ↓コチラ
    ぷっくり大きめなミル打ちの結婚指輪 01
    【NO.25】ぷっくりのミル打ちをした シンプルなマリッジリング

    こちらの結婚指輪を見てもらいましたが、女性用だけ もう少しミル打ちを大きくしてほしい
    とのご希望でしたので、ミル打ちを大きくして製作することに。
    その他、リング幅の変更と丸みのある甲丸から平に変更しました。

    遠方からのお客様だったので、実寸のワックスを製作し ご自宅に発送 急ぐ
    アレンジで大きなミル打ちに変更した結婚指輪 01
    一緒にサイズ確認用のシルバーリングも同封して、再度サイズ確認してもらいました(^^)

    仮ワックスでOKが出たので、本番用のワックスを丁寧に製作して、、、
    鋳造に出します 感嘆符
    アレンジで大きなミル打ちに変更した結婚指輪 02
    無事、鋳造から上がってきました(^^) 

    ※ アトリエエッグではワックス時にミル打ちを入れてあります。
    なので正確には「ミル打ち風」と言わないといけませんね m(_ _)m
    ただ、サンプルリングで地金で入れたミル打ち、ワックスで入れたミル打ちを見比べてもらうと、
    ほとんどのお客様が大きくてぷっくりなワックスのミル打ちを選択されます。
    「ミル打ち」「ミル打ち風」の製作工程で選択されていないようなのでまとめてしまっています。

    エッグで地金でミル打ちを入れる結婚指輪はこちらで見られます。 
    【NO.48 】手彫り柄とミル打ちのマリッジリング   ブログで製作工程もご紹介してます♪


    さぁ~、製作工程に話を戻して、、、 鋳造から上がってくるとリング内側にこんな突起が 見る
    アレンジで大きなミル打ちに変更した結婚指輪 03
    高温で溶けたハードプラチナが流れ込んで、押し込んだ跡なんです。
    左はカットして整えた状態、、、 高価な材料なので無駄なく回収します グー

    そして最近の発見 感嘆符   内側の湯口って、スリ板を水平にすると綺麗にカットできるんだよね・・・
    アレンジで大きなミル打ちに変更した結婚指輪 04
    20年以上製作していて、今頃発見であります タラー
    スリ板の下側に付いてる円形のパーツは指輪を綺麗に、そして早く仕上げるための冶具でした。
    今は使用してないんだけど、、、(^^;)


    またまた、話戻して 急ぐ
    アレンジで大きなミル打ちに変更した結婚指輪 05
    サンドブラストと言って、強めのつや消しで色味を均一にします。
    工具が入らない箇所があるためです パー

    そして、丁寧に研磨していきます~ キラキラ
    アレンジで大きなミル打ちに変更した結婚指輪 06
    まだ曇っていますが、さらに研磨を続けて、、、、
    ミル打ちを彫金工具で一つ一つ整えて、、、


    大きめのミル打ちに変更した結婚指輪が仕上がりました~ 太陽
    アレンジで大きなミル打ちに変更した結婚指輪 08
    女性用の指輪のみ、ミル打ちが大きくなってるのが分かると思います 見る

    アレンジで大きなミル打ちに変更した結婚指輪 07
    男性用のリング幅が3.5mm、女性用は3mmです。 サイズは#7号と#13号で製作。

    平らな面に丸みがつかないように丁寧に磨きました。 また角は落として指当たり良くしています。
    アレンジで大きなミル打ちに変更した結婚指輪 09
    無事、納品できて結婚式後から身に付けられるということでした 太陽
    何かありましたら、お気軽にご連絡くださいね(^^)


    今回のお客様は年末のお休みを利用してご来店されました。
    アトリエエッグは年末、年始もご予約入れてもらえれば対応できる( かも )しれません。
    昨年のお盆休みも関東からお客様がご来店されました(^^)
    小さい工房はそういうところが強みでもあります グー 02

    それでは2月もがんばっていきます~ 急ぐ

     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • アトリエエッグの工房の改善

    公開日: 

     
    2019年もいよいよ終わりですね~☆
    アトリエエッグはドタバタな1年でしたが、いい年だったかなと思います(^^)
    来年もたくさん作って、楽しくビール  そんな1年にしたい作り手さんなのでした☆


    12月は製作が少なめだったので、工房の改善をしました グー
    前々から気になってた箇所が増えてきたので壁や床も張り替え、彫金机もスッキリさせました。
    文章少なめ、画像多めで今年最後のブログです(^^)/

    まずは工房の入り口、正面~ 太陽
    アトリエエッグの工房 改善 01
    壁の漆喰を塗って、床のフローリングも張り替えました!!
    床を替えたら、雰囲気がかなり変わったような気が、、、(^^;)

    プラチナや18Kを溶かせるバーナー類、つや消しのサンドブラスト&ホーニング、溶接機
    アトリエエッグの工房 改善 02
    お値段高めの機器もあるけど少しづつそろえました。


    CADと切削機と、、、大きな窓 キラキラ
    キャスター付の棚にパソコンとプリンターを置いて掃除がしやすくしました。
    アトリエエッグの工房 改善 03
    切削機2台は故障もなく、ほんとよく働いてくれます!! もう17年くらいの付き合いかな。。。
    工房は小さいけど大きな窓のおかげで雰囲気いいと思います~☆


    アナログの彫金工具たち、故障もなく丈夫な子たち。
    ディスプレイとしてもお客さまを楽しませてくれるんです、できる子たちです☆
    アトリエエッグの工房 改善 04

    すっきりした彫金机と最終仕上げのバフ。
    バフ下の棚をスッキリさせたり、ライトをつけて明るくさせました 太陽
    アトリエエッグの工房 改善 05

    お客さまが座ると こんな光景 見る
    切削機が動いてる状態も見れます。 ちょっと うるさいけどね(^^;)
    アトリエエッグの工房 改善 06

    見難いけど、、、 写真立ての間にアトリエエッグのプレートがあります。
    工房見学に来た方がプレゼントしてくれました、お気に入り~(^^)/
    アトリエエッグの工房 改善 08

    今回の改善で一番の目玉!!  彫金机の上の工具を移動させました。
    アトリエエッグの工房 改善 09
    スッキリ製作に集中できて、すぐに掃除機で綺麗にできるのがいいかなぁ。
    机の上にワックスのカスがあると気になるんです(><)
    その他、引き出し内もかなり改善!! あまり使わない工具類は引越ししてもらいました 急ぐ


    彫金机の上にあった工具たち、、、 新しい棚に移動してもらいました。
    アトリエエッグの工房 改善 10
    これが全部、彫金机の上にいたら場所なくなるわぁ~(^^;)


    必要な工具を必要な工程の時に出してくるスタイルにしました。
    先端工具をさすスタンドをもっと増やすつもりです グー 02  
    アトリエエッグの工房 改善 11


    スッキリした~(^^)/
    製作に集中できそうです グー
    アトリエエッグの工房 改善 12


    以前の彫金机、、、 いろんなものが置いてありました(^^;)
    アトリエエッグの工房 改善 13
    床のフローリングも色が剥げてます 汗


    入り口が綺麗になりました~!! これだけでも工房の雰囲気変わったと思う。 
    はい、自分だけです、気付くのは(^^;)
    アトリエエッグの工房 改善 14


    最後に、、、 普段の製作時には透明なシートを敷くことにしました。
    椅子の移動でこのラインだけ色が剥げるんです(笑)
    アトリエエッグの工房 改善 15
    あっ パー  もちろん お客様が来店の際は隠します(^^)
    ということで、新しくなった工房で来年もがんばりたいと思います

    アトリエエッグは29日(日)までやっていますが、、、
    製作はほとんどしないで、あと2組の結婚指輪の接客で今年のお仕事納めになります(^^)

    今年も1年アトリエエッグのブログを見てくださり、ありがとうございました。
    2019年もどうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • ウェーブのかかったペアリング

    公開日: 

     
    年末ですね、ようやく製作の方も落ち着いてきました、、、 太陽
    こうなるとちょっと寂しい気分になります。
    どちらかというとドタバタ忙しく製作しているのが好きなので(^^)

    今回のご紹介はペアリングです 感嘆符
    ウェーブのかかったペアリング 01
    アトリエエッグのオリジナル 結婚指輪をペアリングでご使用したいということでご購入 キラキラ
    なめらかなラインのエッジが特徴のリングで、シンプルなので永く愛用できると思います
    ずっと、ずっ~と永く使ってもらえれば、作り手さんとしては嬉しいのであります(^^)/

    材質はプラチナ、サイズ10号と7.5号で製作してあります。
    画像では分かりにくいですが、センターにつや消し(ヘアライン)が入っています。

    そして、こちらのマリッジリングは少し角度を変えて付けるとV字の指輪にもなるんです グー 02
    ウェーブのかかったペアリング 02
    ウェーブのリングはどれもそうなるので、アピールするほどではないのですが、、、
    お客様はこちらのデザインのほうがお気に入りのようでした~☆

    優しそうな彼氏さまがこっそり彼女さまのサイズも測って、工房に来てくれて、、、(^^)
    エッグでは個性的な指輪が多いのですが、そんな中から選んだのがこちらのシンプル指輪です キラキラ

    そして、令和元年、最後の納品の指輪となりました(^^)/
    来年からもドタバタは変わらず製作にがんばろうと思います グー


    今回のアトリエエッグのマリッジリング、元々のデザインはこちらになります。
    レディスにはダイヤが留めてあり、オール磨きの仕上げになっています。
    ウェーブのかかった結婚指輪
    こちらの結婚指輪詳細は、、、、
    NO.20 ウェーブのかかったダイヤ付のマリッジリング  お値段等見られます☆


    アトリエエッグは今週末の29日(土)からお休みになります。
    サイズ直し等、お問い合わせあればお気軽にご連絡ください。
    それではワックス製作に戻ります 急ぐ
     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • 純金リングを2本の指輪にリフォーム

    公開日:  最終更新日:2019/12/28

     
    12月も中旬、、、 忘年会シーズン突入ですね~ 太陽
    エッグも今週がピークです(^^) たくさん働いて、たくさん飲む ビール
    そんな何気ないことに幸せ感じる作り手さんなのでした、、、(^^)


    さてさて、今回のご紹介はリフォームです 感嘆符  
    譲り受けた24K(純金)のリングを2本の18Kリングに作り直しました
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 08
    ただ24K(純金)というのは柔らかく、普段使いの指輪としては厳しいので強度を上げるため
    品位を下げて18Kにしてからリング2本を製作することにしました。

    リング幅は共に5mm幅、サイズは17号と13号です。
    デザイン的にはシンプルな平打ちの形状にし、つや消しで仕上げました。


    ということで、製作の流れを、、、
    まずはお預かりした24K(純金)の印台リングです。
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 01
    おぉ~、迫力があって年代物という感じですね(^^)

    上の純金のリングを何個かにカットして、決められた割合の純銀と銅を混ぜます。
    純金に混ぜる純銀と銅
    右が純銀、左が銅です 見る  炎を当てて、溶かしながら混ぜていきます グー


    シルバーと銅を混ぜてから18Kの角棒を作りました。
    こうすることで必要な寸法の板材を製作できるからです。
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 02
    色味も いつも使用する18Kの色だ~、とちょっと安心します 太陽

    角棒から何度もローラーに掛けながら、板材が出来上がりました~ 感嘆符
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 03
    必要な厚みや幅、そして長さの板材を作るって、結構大変 汗
    その他、地金に割れなどができないかチェックしながら板材を製作していきます。

    板材から徐々に丸めてリング状にしていきます。
    加工硬化で徐々に硬くなってくるので、炎に当てて急冷、、、なましながら作業です
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 04
    彫金工具を使いながら両端から丸めていきますが、、、
    力がいる~、指が痛い~、と思いながら木槌に叩いていくのです グー

    ようやく丸めてリング状にしました
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 05
    ヒビや割れもなく、ホッとする(^^)/


    両端をカットして、一度溶接(ロー付け)。  
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 06
    真円を出してから、もう一度カットして必要なサイズ出しをしていきます。

    そこからヤスリ掛けしながら、形を整えて、、、
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 07

    18Kの平打ちのリング2本、仕上がりました~ 太陽
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 08

    光沢のラインで表面の平らさが分かってもらえると思います(^^)
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 09

    リングの厚みは1.7mmほどです。 厚みムラが出ないように丁寧に仕上げました。
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 10
    普段はワックスで形を作って鋳造、そして研磨という流れで製作しています。
    なので地金の塊からリングを製作するのはちょっとドキドキの作業でしたが
    無事納品できて、お客様にも喜んでもらえて、嬉しかった~ 太陽

    譲り受けた指輪を再度作り直して使用する、、、いいなぁ~と思います。
    そんなお手伝いをする仕事、いろいろ苦労もあるけどやりがいを感じる作り手さんです(^^)


    最後に、、、 24K(純金)ってめったに触ることがないんです パー
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 11

    なので、一部分だけ かるく新品仕上げをしてみました。
    24Kは磨きが難しいと聞いていたので勉強のためにです。
    純金の印台リングを2本の18Kの指輪にリフォーム 12
    画像で見ると光沢がありますが、やはり18Kとは違い 磨きにくかったです。
    大型の磨き機のバフというのを使わず研磨して、最後にかるくバフ掛けしました 感嘆符

    あっ パー  もちろんお客様にはお見積もりの確認した後にですよ(^^;)
    新品加工はほんとに少しだけ目減りしてしまうのです。

    さぁ~、製作戻ります!! その前にご飯行こっ 急ぐ


    (2019.12.26 追加分)
    アトリエエッグではお手持ちの指輪を溶かして、再製作(リフォーム)もやっていますが、、、
    ほとんどはお預かりした指輪を一度売却して新しい地金で新たに作り直すという形なんです。
    理由はロー材など不純物のことやデザインの自由度が落ちてしまうためです
    以前 製作した地金を溶かしてのリフォームを製作ブログでご紹介しています。 ぜひご覧ください(^^)

    リフォーム後の指輪 02
    使わなくなった指輪をリフォームで新しい18Kゴールドリングへ  公開日:2019/02/08


    使っていないペンダントをリングにリフォーム 09
    使っていないペンダントをリフォームでリングにしました  公開日:2016/07/28


    指輪の修理と加工 09
    使わなくなった2本の結婚指輪を溶接して1本にする  公開日:2013/12/09


     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • シンプルなカレッジリング

    公開日:  最終更新日:2019/11/30

     
    うわぁ~、ほんとに11月が終わる~ 汗  今年もあっという間ですね、コレは(^^;)
    年末まで製作でドタバタしそうですが、、、お仕事あることはありがたいことです 太陽

    さてさて、オーダーメイドでシンプルなカレッジリング(同志社大学)を製作しました 感嘆符
    シンプルなカレッジリング 同志社大学 01
    センターの校章部分は16mmほどあります。

    エッグで製作した同志社大学のカレッジリングを見て、気に入られて ご連絡もらいました。
    以前のタイプはオーダーメイドで製作したのでまったく同じ物を製作できません、ということで
    校章はそのまま使用し、周りの英文を変更し製作しました。

    大学校舎内に彫られたラテン文字で「真理は汝を自由にす」 という意味なんだそうです。
    愛知県在住のお客様だったのでメールでのやり取りでしたが、通われた同志社大学や京都、
    そして出会われた人たちに感謝されてる印象でした。 そういうのいいですよね~ キラキラ

    カレッジリングもとても気に入られたとのメールも頂けて、作り手としても嬉しいです(^^)/
    永くこの仕事してると「人に喜んでもらえる」というのがモチベーションの支えになります。
    綺麗ごとではなく、製作をコツコツやってるとモチベーションを維持って難しいですよね(^^;)
    そんな時にお客様に喜んでもらえるとテンション上がります(笑)
    ハイ、そうです、単純な作り手さんなんです ルンルン 音符


    今回のカレッジリングは普段使いが出来るように厚みを抑えて製作しています。
    シンプルなカレッジリング 同志社大学 02
    サイズ23号、シルバー925で18gほどの重さがあります。
    なので、指につけるとズッシリした感じです(^^)

    製作途中のワックスの状態~ 見る
    シンプルなカレッジリング 同志社大学 03
    カレッジリングはワックス製作に時間が掛かるので、鋳造が無事に上がりますように~ グー
    とお祈りしながら東京の工場に発送します(^^;)   綺麗な鋳造で上がってきました 太陽



    ※カレッジリングのワックス製作過程ををブログでご紹介しています。
     そちらもご覧ください☆
    シンプルなカレッジリング 同志社大学 05
    カレッジリングのワックス製作  公開日:2015/09/04


    さぁ、製作戻ろう~ 急ぐ

     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

ブログTOPへ戻る

©2020 アトリエエッグのジュエリー製作ブログ