ブログTOPへ戻る

新着順記事一覧

  • ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 ②

    公開日: 

    12月です[ダッシュ(走り出すさま)] いよいよ忘年会のシーズン到来です[exclamation×2]
    今年も飲みますよ~[ビール] なので、家飲みは抑え気味です(^^;)

    さて、今回はヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 ②です[手(グー)]
    前回、製作してみたヘッドルーペ+遮光メガネはいい感じです[手(チョキ)]
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善
    ただ、ロー付け(溶接)で遮光メガネを改善してたので強度が心配だったんです、、、
    なので、遮光プレート(アクリル)でも製作してみようかと[手(パー)]

    どの暗さが適当か分からなかったので、3種類購入しました。
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善01
    一枚、525円です。 アクリルで購入しようとすると4種類しかありませんでした[手(パー)]

    購入したお店は増田伊商店 (京都)
    http://masudai.co.jp/ 面白そうな工具がいっぱいあります(^^)/

    袋も載せちゃいます[カメラ]  暗い順に#5、#3、#2 という番号になります。
    番号が大きいほど暗くなり、#8というのがありますが暗すぎます
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善02

    今回は#5の遮光プレートを選択して、簡単に製作時の画像も載せてみました。
    まずは穴あけ[exclamation×2]
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善03

    穴の位置はこのネジの位置と同じに開けました。
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善11

    なので、こんな感じに固定できます。
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善04

    穴を基準にして、カット[exclamation×2]
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善05

    角を落として、センターに黄色のラインを入れました。(マスキングテープ)
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善06

    出来上がりです~[晴れ]
    遮光プレートを上から滑らすようにはめると、白いボタン部分で引っ掛かります。
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善07
    黄色いラインはヘッドルーペをつけたまま遮光プレート付けやすいようにです。
    センターが分かるので いいのでは、、、 と思ってやってみました(^^;)

    シンプルな作りなので耐久性もあると思います。
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善08

    白いボタンの角を丸めて、遮光プレートが少しでも滑らかに はまるようにしてみた
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善09
    遮光プレートの厚みとボルトの厚みは気を付けないと はまりませよ[手(パー)] 注意です(笑)
    (遮光プレートの厚みは約2.2mmです。)

    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善10
    ぼくはボルトを削っていますが、遮光プレートのほうを合うように削ってもいいと思う。
    と、、、いつもなが自分だけが良い!! と思ってる改善です(^^)

    ちなみに、、、
    前回の遮光メガネと今回の遮光プレートでは前回の遮光メガネのほうが使いやすいです[あせあせ(飛び散る汗)]
    改善してると、こんなことは何度もありますが気にしません[手(パー)]
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 ① 公開日:2018/10/30


     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • 40年前の指輪、細くなった腕を付け替え&サイズ直し

    公開日:  最終更新日:2018/12/09

    今回の修理はご依頼人のお母様のお気に入りの指輪を修理&サイズ直しです[晴れ]

    40年以上前の指輪ということで、腕の厚みが薄くなり使わなくなったいうことです(><)
    ただ、腕の付け替えは工賃が高くなってしまうので、指輪自体のお値段を考慮すると
    どうしましょうか、とお尋ねしたところ、、、修理します [exclamation×2] との返答。

    ということで、腕の付け替えとサイズを#12.5号から#9号へ 修理です[手(グー)] 指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し01
    2本とも#9号へサイズ直しですが、白鳥の指輪は薄い箇所を付け替え

    横から見るとこんな感じです[目]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し02
    時計で言うと4時~5時のあたりが一番薄くて0.6mmほど、、、 薄いです(><)
    他の箇所を測ってみて、、、0.9mm以下のところは付け替えることにしました。


    18Kのパーツ作りです[手(グー)] 普段からキャストの際に出る湯口という箇所を集めていて、、、
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し03
    綺麗な18Kの地金なので、これを溶かしてリングのパーツを製作します。

    バーナーで溶かして、左右からハンマーで叩いた状態。 最初のまん丸の時は撮り忘れ[あせあせ(飛び散る汗)]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し04

    さらにハンマーで叩いて、ローラーに掛けて、、、棒状にします
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し05
    ここから必要な幅、厚み、長さになるようにローラーを掛け続けるのです[あせあせ(飛び散る汗)]
    このときはドキドキです、失敗したら上の工程をもう一度やることになるので(^^;)

    無事、寸法出しが終わり、リングの#9号に合うような丸みをつけます。
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し06

    真っ黒だった18Kも希硫酸につけると、、、 ご覧のとおりきれいな色味が[ぴかぴか(新しい)]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し07

    ここからサイズ9号にぴったり合わせられるか心配でしたが、、、
    パーツと指輪を置いてるみるといい感じです[晴れ]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し08
    パーツのほうが厚みがありすぎない?! と思われそうですが、、、

    実際にロー付け(溶接)してから見ると、ほとんど同じ厚みなんです[手(パー)]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し09
    パーツはリングの厚み+0.1mm~0.15mmで製作してあります
    そして、リングのサイズも ほぼ#9号と一発で上手くいきました~(^^)/

    表面に丸みをつけたり、幅を合わせたり、形を整えていきます。
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し10
    ただし、厚みは薄くしないようにです [手(パー)]


    研磨していきます~[ぴかぴか(新しい)]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し11

    最終研磨の前の段階[ぴかぴか(新しい)]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し12

    ロー付け(溶接)した箇所も馴染んでいます(^^)
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し13


    そして完成~[晴れ]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し14
    表面も軽く研磨をして、綺麗にしました。 深い凹みはそのままです[exclamation×2]

    薄いところで厚みは0.9mmになるように腕を付け替えました。
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し15
    うん、付け替え箇所も馴染んでると思う(^^)/

    付け替えたパーツの色味と指輪の色味が合っているか、ちょっと心配でしたが、、、
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し16
    今のところ問題なさそう。。。
    ただ、時間の経過とともに色味の差が出る可能があります。。。[手(パー)]
    その際はもう一度研磨して、今と同じようにします[手(グー)]

    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し17
    お母さまの大切な指輪を修復して、また付けられるように、、、 素敵だなぁ[ぴかぴか(新しい)]
    素敵なクリスマスプレゼントになるりますね(^^)/

    さぁ、週末です!! よい休日を~☆

    アトリエエッグは結婚指輪やオーダージュエリーを製作している工房ですが
    ジュエリーのサイズ直しや修理もやっています。
         ジュエリーの修理やサイズ直しの一覧ページへ
     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • #8号からピンキーリング(#3号)にサイズ縮め

    公開日: 

    最近、サイズお直しのお問い合わせが多いです。
    あとリングが外せなくなった際のリングカットも [あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

    外れなくなったリングをカットして修理+サイズUPするには時間が掛かります
    手間や 必要になる地金の量も増えるので工賃が上がってしまいます、、、
    ブログを読んでる方は結婚指輪チェックしてみましょう~☆  ちょっと営業(^^;)

    さて、今回はちょっと前に納品したサイズ縮めのご紹介です。
    プレゼント用のシルバーの指輪で、ピンキーリングのサイズでご希望でしたが
    販売されていないということで、#8号⇒#3号へ、、、

    ハートのチャームの付いた可愛らしい指輪で「 PANDORA 」というブランドの指輪 [ぴかぴか(新しい)]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 01
    彼女さまの誕生日にプレゼントしたいということで、、、超特急でのサイズ直しでした[ダッシュ(走り出すさま)]

    ということで、、、
    指輪の検討の際にエッグへ電話 ⇒ サイズ直しの納期確認 ⇒ 購入 ⇒ エッグに持ち込み(笑)
    イレギュラーあったらどうしましょうか~(><) というサイズ直しでした[あせあせ(飛び散る汗)]

    まずはマジックでカットする箇所をチェック[exclamation×2]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 02
    リング裏の刻印が少しでも残るようにカット位置を決めます[手(パー)]

    #8号⇒#3号なので、5mmのカットになります
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 03

    リングを少しづつ曲げて地金を寄せてきます。 切り目もピタッと合いました(^^)/
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 04

    溶接(ロー付け)~[晴れ]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 05

    回転工具で溶接箇所をしめてから(硬くさせてから)、形を整えます[exclamation×2]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 06
    サイズ直し箇所が分からなくなるように、リング幅や厚みに気を付けながら整えます。

    正面のハートのチャームは燻しの処理がされていたので、、、薬品の準備です。
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 07
    ココにチャポンっとリングを浸すと、、、、

    こんな感じに浸したところだけ真っ黒に(笑) 薬品、すごい[exclamation×2]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 08
    再度、磨き直して、、、

    サイズ直し、無事終了です~[晴れ]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 09
    ハートのチャームもいい感じに仕上がりました(^^)

    リング幅もほぼ変わらず、サイズ直し部分を綺麗に整えました。
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 10

    別の角度から見ると、、、[目]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 11

    ケーズに入れた状態でも写してみました[カメラ]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 12
    リングの持込みをされて、翌日の夕方にはサイズ直ししてお渡し、、、[ダッシュ(走り出すさま)]
    エッグではここまで早くサイズ直しすることはないですが、無事納品できてよかったです(^^)
    お誕生日プレゼント、喜んでもらえたら嬉しいなぁ [晴れ]

    さぁ~、明日から12月です[exclamation×2] いよいよ年末ですね~
    来月も製作に、忘年会にがんばりまっす(^^)/

    アトリエエッグでは今までにたくさんのサイズ直しや修理をしています。
    こちらで一覧で見ることができます  指輪のサイズ直しや修理の一覧


          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • オパール付のダイヤ取り巻きリングを製作

    公開日:  最終更新日:2018/11/30

    ここんところブログのアップ率がすごいです[exclamation×2]
    画像はいっぱい貯めてあるので、ドンドン ブログのUPしないと内容忘れてしまいます[あせあせ(飛び散る汗)]

    さて今回はオパール付のダイヤ取り巻きリングをオーダーメイドで製作しました~[晴れ]
    オパールのダイヤ取り巻きリング K14 ピンキーリング 01
    材質は14金でお客様のお手持ちのオパールとダイヤを使用して製作。。。

    オパールの大きさは7.5mm × 5.5mm、ダイヤの大きさは1.1mmで22個 使いました
    オパールのダイヤ取り巻きリング 使用するオパール
    よくあるオパールは中心にいくほど、厚みを増してふっくらした感じになりますが
    今回のオパールはその逆、、、
    いつもよりツメを倒さないといけないので、石留めがやりにくくなります[あせあせ(飛び散る汗)]

    まずは石枠のワックス製作。。。 1.1mmのダイヤを留めるツメはとても細いですよね(^^;)
    オパールのダイヤ取り巻きリング K14 ピンキーリング ワックス
    ある程度までは機械で製作しますが、最後は顕微鏡で確認しながら手作業で整えます[手(グー)]
    自分で石留めをするので石を配置してみて、石留めできるかチェックもします。

    腕も製作し、ワックス時に接着します。 リングサイズは1号、リング幅、厚みとも1mm。
    オパールのダイヤ取り巻きリング K14 ピンキーリング ワックス02
    石枠のツメ、リングとも、とても華奢なワックスなので接着はてこずると思いましたが、、、
    すんなり終了~[晴れ]

    そして14Kのキャストも無事上がってきました~[exclamation×2]
    オパールのダイヤ取り巻きリング K14 ピンキーリング 04
    石枠など整えるのに苦労したので、ツメの先まできちんとキャストされていて良かった(^^)

    ワックス時の接着部分も問題なくキャストされています[目]
    オパールのダイヤ取り巻きリング K14 ピンキーリング 05

    サイズ出しをしてから研磨をしてきます、いい感じにサクサク進みました[ダッシュ(走り出すさま)]
    オパールのダイヤ取り巻きリング K14 ピンキーリング 06

    ワックスでは触りにくかった、細~いツメも地金になったら整えられます[手(グー)]
    オパールのダイヤ取り巻きリング K14 ピンキーリング 07
    1.1mmのダイヤを留めて、ツメを整えるのは手間が掛かりましたが、、、

    仕上がりました~[exclamation×2]
    オパールのダイヤ取り巻きリング K14 ピンキーリング 08
    オパールは予想通り留めにくかったですが、なんとかツメも倒しました[あせあせ(飛び散る汗)]

    1mmの腕、、、 今まで製作したことのない細さでした。
    ちょっと変形しそうですが、何かあればエッグにお任せください[パンチ]
    変形、サイズ直しなどの修理は数多くこなしています[exclamation×2]
    オパールのダイヤ取り巻きリング K14 ピンキーリング 09

    最後にまたお気に入りの画像(^^)
    オパールのダイヤ取り巻きリング K14 ピンキーリング 11
    今回の製作では実は再製作して仕上げてあります[たらーっ(汗)]
    14Kという普段扱わない素材 と エッグでは扱わない腕の細さで苦戦しました[あせあせ(飛び散る汗)]
    同じミスはしないよう今後の製作に生かしていきたいです。。。

    さぁ、今日は帰ろう。。。
    いい肉の日だし、美味しいお肉とビールで明日から またがんばります[exclamation×2]

     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • 桜模様の結婚指輪をセミオーダーで製作

    公開日:  最終更新日:2018/12/09

    桜模様の結婚指輪をセミオーダーで製作しました~[晴れ]
    桜の模様の結婚指輪 セミオーダー 01
    アトリエエッグのセミオーダーの詳細はこちらで見られます[るんるん]
    唐草、桜、イニシャルなど、ご希望の柄をマリッジリングに彫刻

    今回は表面に丸みのある甲丸リング、リング幅3mm、材質ピンクゴールドでご注文でした。
    工具の改善などで、桜柄も綺麗に入れられたと思います(^^)

    さぁ~、簡単に製作の流れもご紹介です☆
    お客様からご希望をメールでいただいて、すぐに画像で作成、、、
    そしてメール添付で確認をお願いします。
    桜の模様の結婚指輪 CG図
    セットにした際に一輪のさくら模様が現れるようにデザイン [ぴかぴか(新しい)]
    あと、桜の模様をや花びらを全体的に少しだけ大きくしてみました。

    CG画像でOKが出たらワックス製作[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]
    桜の模様の結婚指輪 ワックス
    今回のお客様は超特急での納品をご希望だったので、こちらも全力で対応でした[パンチ]

    キャストも無事上がってきました~(^^)/
    桜の模様の結婚指輪 セミオーダー 02
    この工程だけは手元を離れてしまうので、何かあったらどうにもならないのです[あせあせ(飛び散る汗)]
    キャストの状態もいい感じでした~[晴れ] ありがとう~キャスト屋さん☆

    花びらを整えながら、凹み部分の色味を合わせるためにつや消しにします。
    桜の模様の結婚指輪 セミオーダー 03
    同時に桜模様がクッキリ見えるようになるので、おかしな箇所がないかチェック[目]

    そして、リング表面の研磨です[ダッシュ(走り出すさま)] 3連休も関係なく仕上げておりました~[ダッシュ(走り出すさま)]
    桜の模様の結婚指輪 セミオーダー 04
    ただ、ココまでくると、ご希望の納期に間に合うのが分かるのでホッとします(^^)

    リングの内輪も綺麗に磨いて[ぴかぴか(新しい)]  最後にリング内側に文字入れを彫刻です[exclamation×2]
    桜の模様の結婚指輪 文字入れ 01

    指輪はココに固定してあります[目]
    桜の模様の結婚指輪 文字入れ 02
    この機械でどうやって、リングの内側に小さな文字を入れるの? と思った方は、、、
    文字入れに仕方は以前のブログでもご紹介しています。
    彫金工具の文字彫り器  リングスター(RING STAR)  公開日:2008/11/07
    10年前に書いたブログ記事です(^^;)


    そして、大急ぎで製作した桜模様の結婚指輪、無事仕上がりました~[晴れ]
    桜の模様の結婚指輪 セミオーダー 05
    桜模様とピンクゴールドって相性がいいなぁ、、、 と思うのは自分だけかな(^^)
    いい感じの結婚指輪に仕上がったと思います(自画自賛中・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

    桜の模様の結婚指輪 セミオーダー 06
    少しづつ工具や製作方法の改善をしながら、何度も桜模様の結婚指輪を製作してきました。
    今回は桜模様や花びらを少し大きめにしたのが良かったかなぁ

    桜の模様の結婚指輪 セミオーダー 07
    香川県在住のお客さまでメールのやり取りで納品までさせて頂きました[exclamation×2]
    11/10に最初のメールを頂いたので、ほんとに大急ぎ[ダッシュ(走り出すさま)] 無事納品できてよかった~(^^)/
    また、気に入ってもらえたとのメールも頂き、ホッとしています[晴れ]

    さぁ、月末です。 今日もがんばって製作であります[exclamation×2]

     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • ワックス加工用の工具を改善してみました

    公開日:  最終更新日:2018/11/28

    今回はかなりマニアックな内容で独り言ブログです、、、(^^;)
    なので画像のみサクッ、と見てもらえればと思います。。。

    エッグの切削機は柄彫りで不得意のものがありまして、それが桜柄[あせあせ(飛び散る汗)]  ↓コレです
    桜 結婚指輪01
    切削機のみだと花びらの輪郭がきちんと彫れないんです。
    そのためワックスの時に手作業で桜柄を彫り直しをしています、もちろん地金の時も[手(グー)]
    ↑ ただ今、製作中の桜柄もワックスの時に手作業で修正しています。
    でも、これが結構やりにくい作業工程だったんです。。。

    なんでなんだろうと、思いながら ずっと製作していたのですが、ようやく分かりました[ひらめき]
    そして、、、修正版の彫金工具はこんな感じ[目]
    ワックス加工用の彫金工具を改善01
    上が元々の工具で、下が細かい柄をいじれるようにした修正版です。

    持つところ(グリップ) と 工具の先端までの距離が短くなるようにしました。
    少しでも繊細な動きが出来るように、、、 ただこれは短すぎたので再製作しますけど[あせあせ(飛び散る汗)]
    ワックス加工用の彫金工具を改善02
    もともとは陶芸用の工具なんですが、グリップの太さといい、軽さといい、
    ほんとに使い易くてワックス成形の際に重宝してたんです[exclamation×2]
    ただ、弾力性のある金属を使用しているので、細かい柄の修正には不向きだったようです[たらーっ(汗)]
    修正版の感じは悪くないです。 弾力性が弱くなったのが大きかったようです(^^)

    こちらは以前から使用しているワックス用の工具[exclamation×2]
    ワックス加工用の彫金工具を改善03
    どちらもよく使用していて、上は陶芸用の工具です。
    下はリューターの先端工具(スチールーバー)をダイヤモンドヤスリに当てて成形。

    先端は陶芸用の工具は尖って針のような形状で、スチールーバーはほぼ平です。
    って分かりにくい画像ですね[あせあせ(飛び散る汗)]
    ワックス加工用の彫金工具を改善04
    陶芸用は弾力性があり、表面はつるんと綺麗です。
    スチールーバーは弾力性はなしで、ダイヤモンドヤスリのザラザラを残しています。
    ワックス成形の時には使い分けて使用して、重宝しています(^^)

    そんな工具たちで製作した桜の柄の結婚指輪、時間も短縮できて、、、
    桜 結婚指輪02

    キャスト後の感じもよかったです~[晴れ]
    桜 結婚指輪03
    2本ともピンクゴールド。 凹み部分をつや消しにして色味をそろえてる最中に、、、[カメラ]
    今は仕上がってお客様のところへ郵送中です。 出来上がりはまたご紹介します

    こちらの指輪の完成品を製作ブログでご紹介しています
    桜模様の結婚指輪をセミオーダーで製作 公開日:2018/11/28


    最後に、、、上の陶芸用の工具を以前の製作ブログでご紹介しています
    彫金工具(彫金ワックス用の工具) 公開日:2016/02/05
    01-0e02c[1].jpg
    使いやすくて、価格もお安いのでお勧めです(^^)

    さぁー、ワックス製作、製作~[ダッシュ(走り出すさま)]  今日、工場に発送しないと[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • 1ctアップのエンゲージのサイズ直し

    公開日: 

    寒くなってきましたね~、夜は帰りが遅いので 特に寒く感じます(><)
    コンビにではクリスマスモードになってるし、あっという間に年末ですね。。。

    今回のご紹介は1ctアップのダイヤがついたエンゲージのサイズ直しです。
    息子さまの結婚式につけたい、ということで大急ぎのサイズ直しでした[ダッシュ(走り出すさま)]
    わざわざ奈良からのご来店してもらえたので、こちらとしても急ぎで対応です[パンチ]

    持込のエンゲージはコチラ[目] 王道のようなエンゲージのデザインです、ハイ[exclamation×2]
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)01
    ダイヤが大きいので留めてるツメのボリュームもす、すごい(^^;)

    指輪を確認すると以前サイズ直しをしているようで、劣化でヒビが入っていました。
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)02
    ただ、問題ないです[手(パー)] この箇所をカットしてパーツ差し込みます

    問題はこちら、、、 角が落ちてるんですよね。。。[あせあせ(飛び散る汗)]
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)03
    こうゆうのをどう仕上げるか、悩ましいんです[雨]
    できるだけ触らずに、でも角を復元したい、という気持ちも沸いてしまうんですよね
    あとで考えよう~[ダッシュ(走り出すさま)] とりあえずサイズ直しだ~[手(グー)]

    ヒビの位置でカットです
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)04

    サイズ8号⇒12号へサイズ伸ばし、、、 このぐらい隙間が出来るんですね(^^;)
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)05

    ということで、ここに入るプラチナのパーツを作成します[手(グー)]
    こんな感じにPt900のストックがあるので、ここから差し込むパーツを作ります。
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)06

    はい、出来上がり[exclamation×2]  ほんとは時間かかってるんだけど短縮です(^^)
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)07
    リングと馴染むように少し湾曲させています、分かるかな、、、[目]

    ダイヤが付いた正面側を水につけて、溶接の際に温度を上がるのを防ぎます
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)08
    ここからサイズ直しの最大の難関、ロー付け(溶接)です[手(グー)]
    正面側は水で冷ましながら、サイズ直し部分は一気に高温にします。
    きわどい作業も以前ブログでご紹介したヘッドルーペ(遮光ガラス付)で問題なくこなせます
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 公開日:2018/10/30

    無事、ロー付け終了~[晴れ] ホッとするのであります。。。
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)09

    整えます[exclamation×2] 自作のロー材なのでロー目も出ません[手(パー)]
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)10
    形を整えながら研磨をしていき。光沢が少しづつでてきました[ぴかぴか(新しい)]


    そして、サイズ直し無事終了~[晴れ]
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)11
    ダイヤもピカピカです[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

    サイズ直し箇所です[目]
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)12

    別角度からも、、、[目] 研磨し直すことでこんなに光沢も戻るんです[ぴかぴか(新しい)]
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)13

    横から見ると、、、 こんな感じです。
    1ctアップのエンゲージのサイズ直し(4号UP)14
    今回のお客様はエンゲージとは別に結婚指輪のサイズ直しも同時にしました。
    中1日での大急ぎのサイズ直しでしたが、喜んでもらえてよかったです(^^)
    さぁ~、この後はカルティエの3連リングの修理です[手(グー)] 最近、修理が多い~[あせあせ(飛び散る汗)]

    アトリエエッグではさまざまな修理やサイズ直しなどをしてきました。
    ホームページでは一覧で見ることができるので、ぜひご覧ください☆
       指輪のサイズ直し・アフターケア 修理のページへ



          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • ご両親から受け継いだ 素敵な結婚指輪

    公開日: 

    いよいよ11月になりました~[exclamation×2] 今年も残り2ヶ月、ブログを


    今回はご両親から引き継いだ、素敵な結婚指輪のご紹介です[晴れ]
    ご両親から引き継いだ 素敵な結婚指輪01
    リング内側を見てみると「 86.〇.〇 」 と打たれているので
    30年ほど前の結婚指輪だと思います。

    リングを確認したところ、小キズでほぼ照りがない状態、そして所々深い傷もありました。
    ご両親から引き継いだ 素敵な結婚指輪02
    今回は男性の指輪をサイズ直し、そして新品加工して文字入れです[exclamation×2]

    サイズ一号のダウンなので、1mmカットして、、、
    ご両親から引き継いだ 素敵な結婚指輪04

    ロー付け(溶接)です。 ドロッとロー材が溶けています[目]
    ご両親から引き継いだ 素敵な結婚指輪05

    ヤスリ掛け。 形を崩さないように丁寧に整えます(^^)
    ご両親から引き継いだ 素敵な結婚指輪06

    2本とも回転工具を使用して、傷取りとリング表面を硬化させます。
    ご両親から引き継いだ 素敵な結婚指輪07

    形を崩さないように研磨していきます。
    ご両親から引き継いだ 素敵な結婚指輪08
    深い凹みを直そうとすると、そこまで研磨する必要があるのでバランスをみながら研磨です。
    またお客様から角を丸めてほしいとのご依頼があったので適度に角を落しました。

    ちょっとお話が逸れて、、、
    以前 同じような形状のカルティエのサイズ直しをブログでUPしました[グッド(上向き矢印)]
    そのブログ記事はエッグで一番読まれた記事なので、もし良ければこちらも(^^)
    結婚指輪 カルティエ のサイズ直し の仕方 (公開日:2013/07/21 )
    宣伝もしないと、、、なのです(^^;)

    そして、文字入れをして仕上がりました~[晴れ]
    ご両親から引き継いだ 素敵な結婚指輪10

    持ち込まれた時は、、、 こんな感じでしたが
    ご両親から引き継いだ 素敵な結婚指輪02

    照りも戻ってきました~[exclamation×2]  30年前の指輪がふたたび綺麗になって、、、
    ご両親から引き継いだ 素敵な結婚指輪11
    ご子息が使われるですよ~、素敵な結婚指輪ですね[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

    ご両親の文字入れを残して、追加でご自分たちの日付けやイニシャルを刻印です[手(グー)]
    ご両親から引き継いだ 素敵な結婚指輪13
    レディスの指輪は表面が少し波打っていました、、、
    なので、それに合わせて研磨、傷取りとなり、これが結構大変でした [あせあせ(飛び散る汗)]
    思った以上に時間のかかった新品仕上げでした(><)

    ただ、いい感じに仕上げられたのでよかったです(^^)

     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 ①

    公開日:  最終更新日:2018/12/12

    10月も終わりましたね~[晴れ] ほんと早いです[あせあせ(飛び散る汗)]
    今月は原型の作り直しなど、なんか上手くいかない1ヶ月でした[たらーっ(汗)]
    気を取り直して、来月も製作に奮闘です[手(グー)]
     

    今回は以前からロー付け(溶接)の際にストレスを感じてて、何とかしたい、、、
    と思いながら、いい道具が見つからなかったので自作しました[exclamation×2]
    いつものことながら、自己満足の改善であります(^^)

    エッグのプラチナのロー材は自作なので、ロー目が出ない分 融点が高いんです。
    ほとんど共付けに近いためか、リング本体も溶けそうで かなりキワドイ 溶接になります。
    なので、乱視が酷くて、視力も落ちてきたのでロー付け(溶接)の際に困っていました。
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善01
    ということで、ヘッドルーペ(拡大メガネ)に遮光メガネを取り付けることにしました

    裏から見ると、、、[目] こんな感じ
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善02

    遮光レンズを上にたたむ事ができます。
    あっ、ただ遮光レンズはスカスカです、なのでカタカタ動きます[あせあせ(飛び散る汗)]
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善03
    ただ、そこが良かったんです[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
    ぼくは眼鏡しながら作業するので、遮光レンズを上にたたんだ時は眼鏡に引っ掛かるんです。
    ロー材を置く作業の時は遮光レンズを上にたたんで、ロー付けする時には
    ヘッドルーペを軽く 動かすと遮光レンズが降りてきます[exclamation×2]

    溶接用の長方形の遮光レンズも試してみましたが、この遮光メガネがパタッと降りくる。。。
    そこが気に入ってジュエリー用の遮光メガネで改善することにしました[手(パー)]
    さぁ~、だいぶロー付けが楽になるのではと期待しています(^^)/


    あまり興味がないかもしれませんが、、、 せっかく画像を撮ったので載せます(^^;)
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善04

    レンズとレンズがくっつく くらいまで棒材をカット[exclamation×2]
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善05

    シルバーの3分ローで溶接です
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善06
    必ず台に置いてロー付けしてください。
    ピンセットでもってロー付けしたらバラバラになるかもです(><)


    メガネ全体をまっ赤にして、溶接完了~[晴れ]
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善07

    あとは黒いビニールテープを1.5周ほど巻いて、、、
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善08
    今回は2個製作。 暗さの違う2種類のレンズです。

    ココにカチッとはめます。。。 作りはかなりアレですが、、、気にしません[手(グー)]
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善09
    機能重視です[exclamation×2]
    ヘッドルーペはいろんな形状を試しましたが、このタイプのものが一番使いやすかったです。
    レンズで見れる範囲外は視界がカットされるのが気に入りました。

    明日はサイズ直しをご希望のお客様が来られるので、さっそく出番です[晴れ]
    それでは今日は帰ります~[ダッシュ(走り出すさま)]
     

    <2018.10.31 追加分>
    溶接用の長方形の遮光レンズ(アクリルです)を使った場合はこんな感じです。
    アクリル板に穴を開けて固定しています。 デザイン的にもシンプルです(^^)
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善11
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善12
    溶接用の長方形の遮光レンズは楽天でも売っています
    素材がガラスとアクリルがあるので注意!!

    (2018.12.13 追加分)
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 ② をブログでアップしました。
    ロー付け(溶接)などをせず、遮光プレートを使用しての改善になります。
     


          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • 手押しで刻印を打つ方法

    公開日:  最終更新日:2018/11/19

    先日、名古屋で彫金のお仕事をされている女の子が工房に来られました☆
    エッグのブログを見てて、観光で京都の来た際に寄ってくれたとのこと(^^)
    なので、製作的なお話もUPしなければと思う 作り手さんなのであります[手(グー)]

    そして、今回のご紹介は手押しで刻印を打つお話[exclamation×2]
    僕は昔から乱視がひどいので刻印打ちに苦労していました[あせあせ(飛び散る汗)]
    なので、今は顕微鏡で見ながら位置あわせをして手押しで入れています。
    ただ、手押しで入れるのは指の力が必要で大変なんですよね[たらーっ(汗)]

    ということで、「刻印 手押し」で検索しているといい方法がUPされているのでご紹介[るんるん]
    創り手、覚え書き。 」 職人さんの製作ブログで、他の記事も面白いです(^^)
    https://smilemammy.exblog.jp/9319480/

    使用する道具はヒートホーム[手(パー)]
    と言ったら、もう分かりますよね(^^) この方法は思いつかなかった~[あせあせ(飛び散る汗)]
    手押しで刻印を打つ方法01
    エッグでは使い古したヒートホームがあったので、ちょうど良かった(^^)/
    ※ヒートホームは60度以上のお湯で柔らかくなって、冷めると固まる道具です。


    お湯に浸けます~[いい気分(温泉)]
    手押しで刻印を打つ方法02
    柔らかいうちに刻印に付けます[exclamation×2] そして冷えるとカチカチに
    手押しで刻印を打つ方法03

    外すとこんな感じ[目]
    手押しで刻印を打つ方法04
    時間が経ってから外したほうがいいです。
    少しづつ収縮しているのか、別の刻印が入りづらくなるので。

    出来立てのホワイトゴールドの結婚指輪があったので、
    手押しで刻印を打つ方法05
    早速手押しで入れてみました[ダッシュ(走り出すさま)] お店分の指輪なので、画像お店できませんm(_ _)m
    結果はいい感じ入れられました。 指が痛くない(^^)

    ちなみ刻印を手押しする時には こんな感じに入れています。 顕微鏡を使いながら、、、
    手押しで刻印を打つ方法06
    移動式の棚の上に彫刻台を置いています。 棚は両足に挟んで固定してます。

    実際の手押ししてみて、こんな感じに作り直してみました。
    手押しで刻印を打つ方法07
    グリップが大きいより小さめのほうが自分には合っているかなぁ、と思いました。

    あと、底は平にしました。
    手押しで刻印を打つ方法08
    こちらの使い勝手はまたブログでUPしていきます[手(パー)]
    それでは10月も後半戦、がんばって製作していきます~[晴れ]
     

    (2018.11.19 追加分)
    この手押しの仕方で何回か刻印してみました~[exclamation×2]
    結果は、、、 かなりいい感じです[晴れ]
    第一印象は刻印が深いという感じです。 当たり前ですね(^^;)
    あと深く入れたい部分を入れやすくなりました。 例えばPt900の「P」の下側など。

    使ってみて、さらに改良、、、 以前より小さくしました。
    手押しで刻印を打つ方法 改良01

    こんな感じに持って、刻印を入れています[exclamation×2]
    手押しで刻印を打つ方法 改良02



             <<アトリエエッグのトップページに戻る>>

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

ブログTOPへ戻る

©2018 アトリエエッグの工房日記