ブログTOPへ戻る

新着順記事一覧

  • マイクロスコープを以前のタイプに戻しました・・・

    公開日: 

     
    4月になりました~ 太陽 今年は雪が降ったりとちょっと寒い気がします。。。
    でも花見は先週末バッチリでした ビール お昼から飲み~、最高です(^^)
    早く花粉もなしで、暖かい春になってほしいです、、、

    さて、以前ご紹介したマイクロスコープですが、、、
    新しく購入したマイクロスコープ
    スッキリして、見た目もいい感じだったのですがダメでした。。。

    なんか酔うというか、長時間使っていると何か違うんですよね。
    いろいろ微調整したのですが結局、、、
    以前から使っていたマイクロスコープ 01
    以前のマイクロスコープに戻しました 汗
    ただ、アームや額に当てるパーツ、ライトなどはそのまま使用できるように改造しました。

    これでしばらく使ってみて、また微調整を加えていきます グー
    そうそう、こんな感じに取っ手(赤矢印)をつけました。
    以前から使っていたマイクロスコープ 02
    緑矢印の球体の可動パーツが強度弱そうなので、マイクロスコープを持って移動させるのが
    ちょっと心配なんですよね。 なのでアーム部分に取っ手です(^^)

    あと、以前のアームのタイプとの感想を。 以前はパソコンのアームを改造して使用。
    (旧ブログの画像なので大きさが違います、、、)
    以前から使っていたマイクロスコープ 03
    ぼくは和彫りなどはしないのですが、指輪の仕上げ、ワックス加工、石留めなどで
    マイクロスコープを使用しています。

    ほんとにルーペのように気軽に使用したり、どけたりの頻度が多いと思います。
    そういう使い方だと旧タイプのアームのほうが使いやすかった気がします。
    新タイプは「サッとスコープをどける」という点でちょっとストレス感じます(^^;)
    重いというか、アームが大きいので当たり前ですよね。

    ただ、新タイプは額当てがあったり(マスクを付けていてもレンズが曇らない)や
    ライトの明るさ調整ができたり、、、
    バフを使用していても振動がない(以前はアームをバフ台に設置)
    など良い点もあるので新タイプのアームで慣れてみます 太陽

    今はブログやホームページで製品を載せるので、実物よりかなり大きく見ることが
    出来るんですよね。 当然、見られたくない箇所も見えてしまいます。。。 タラー
    なのでマイクロスコープは欠かせない状態です。
    製作時はづっと使うものなので、妥協したくないというか
    納得できるまで微調整を加えながら改善です グー
     

    最後はマイクロスコープを使いながら、製作したワックス。。。
    エンゲージリングのワックス 01
    エンゲージのワックスです。 画像では大きく見えますが、、、、

    実際には 、、、見る
    エンゲージリングのワックス 02
    こんなに小さいんです。
    キャスト大丈夫?と思いましたが綺麗にキャストされてました(^^)

    あとは、、、 アンティーク調の唐草模様の結婚指輪のワックス 感嘆符
    アンティーク調の唐草模様の結婚指輪 01

    たくさんの唐草模様の指輪を作ってきましたが、、、
    たぶん、今までで製作した唐草模様で一番細かいと思います 汗
    アンティーク調の唐草模様の結婚指輪 02
    お客様にはパッと見て唐草模様と分からないですよ、とお伝えしましたが
    それが良いということで、よく見たら繊細な唐草模様だと分かるようにしてほしいとのご依頼。
    が、がんばりました グー 02

    それでは製作に戻ります  急ぐ  今日発送分をがんばらねば グー
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • エタニティリング(Cartier)を新品仕上げで綺麗に

    公開日: 

     
    3月も今日でおしまい、、、 今月は確定申告もあり、製作もバタバタな1ヶ月でした 汗
    そして、今年の花粉はきつかった、、、
    ようやく楽になってきたしハイキングやサイクリングを楽しみたいです 太陽
     

    たくさんご紹介したいことはあるのですが、、、
    今回はエタニティリング(Cartier)の新品仕上げです パー
    エタニティリング(Cartier)を新品仕上げ 01
    持ち込まれた時の状態です。 小キズも多く、ダイヤも曇っていました。

    新品仕上げやサイズ直しは有名ブランドの製品をマイクロスコープで拡大して
    見れるのでとても勉強になります 感嘆符
    今回のエタニティリングでは小キズは多いのにダイヤを留めているツメが
    ぷっくり感がキープされているんですよね。 通常、時間が経ったものは
    ツメは磨り減っているというか、潰れて平になってることが多いです。
    ダイヤの両サイドの凸部分がダイヤをとツメを保護しているようです。

    側面の状態も小キズが多いです、、、 カルティエの刻印が側面に入っているです。
    エタニティリング(Cartier)を新品仕上げ 02
    刻印は出来るだけ薄くならないように配慮しながら研磨していきます。

    真正面、、、ダイヤが曇っているのが良く分かります。
    エタニティリング(Cartier)を新品仕上げ 03
    ダイヤの表面だけでなく、ダイヤの裏側に石鹸等が付着してることが多いんですよね。。。
    なので、照りというか透明感が弱くなります。

    エタニティリングの内側から、、、見る
    エタニティリング(Cartier)を新品仕上げ 04
    下穴が多いので、どうしても詰まってしまいます。
    これを一般の方が中性洗剤と歯ブラシなどで取るのは難しいかもしれませんね。

    といことで、エッグのような小さな工房にもお仕事がいただけます(^^)
    まずは側面に彫刻された文字を消してほしいというご依頼なので、、、
    時計でいう4時~5時辺りの文字入れを消しました。 分かりづらい 汗
    エタニティリング(Cartier)を新品仕上げ 05

    そして、、、

    いきなり新品仕上げ後です キラキラキラキラキラキラ
    エタニティリング(Cartier)を新品仕上げ 06
    超音波洗浄機でリングの下穴の汚れも一気に落ちます。

    さらにダイヤ表面の汚れも落ちて、、、輝きが復活であります
    エタニティリング(Cartier)を新品仕上げ 07
    ダイヤを留めているツメは研磨しません パー  磨り減ってしまうためです。

    ちょっとピンボケしていますが、、、
    エタニティリング(Cartier)を新品仕上げ 08
    側面の小キズも取れて、ここまで綺麗になります キラキラ

    別の角度から、、、
    エタニティリング(Cartier)を新品仕上げ 09
    エタニティリング(Cartier)を新品仕上げ 11

    反対側も文字入れの彫刻を消して、綺麗に仕上げました。
    エタニティリング(Cartier)を新品仕上げ 10
    こんな具合に小キズが目出って光沢がなくなってきたなぁ、、、 と思ったら
    ご購入したお店やお近くの修理店などで新品仕上げをするのはお勧めですよ(^^)
    今までの経験から、みなさんビックリされます。 特にダイヤの輝きには 感嘆符

    もちろんアトリエエッグにも来てもらえるとありがたいです☆
    また、今までの修理や新品仕上げの様子をブログでご紹介しています。
    アトリエエッグの指輪の修理や新品仕上げのページへ

     
    最後は最近ビックリしたことです!!
    アマゾンで2600円ほどでLEDライトを注文したら、、、、
    彫金工具 ライト 01

    なんと、1週間後には中国から送られてきました。。。 2600円のものですよ
    彫金工具もそんな感じになるのかなぁ、、、 
    彫金工具 ライト 02
    彫金工具 ライト 03  


          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • 新しいマイクロスコープ

    公開日: 


    今日で2月もおしまいです、あっという間ですね~ 急ぐ
    京都は学生が多いので、3月は引越しラッシュです。
    新社会人が引越しして行って、新しい大学生がやってくるんだなぁ、、、
    この時期が一番 「1年」 というか、節目を感じます(^^;)

    さて、今回は新しいマイクロスコープのご紹介です 感嘆符
    職人のお友達から安くていいよ、と教えてもらって外れでもいいかぁ、と思い購入しました。
    顕微鏡 彫金用 01
    たぶんと思ってましたが、やっぱり外国から送られてきました。
    このマイクロスコープ用のLEDライトをアマゾンで購入しましたが、それも外国から・・・
    時代を感じます、、、 タラー ほんとに安価なものまで外国なんですね(^^;)

    開けてみると、、、
    顕微鏡 彫金用 02
    こんな感じに入っています。 梱包は結構ザツでした。 ネジ系が中でガタガタ言っていたので。
    説明書も入っていないので、ある意味適当に組み立てていきます 汗

    自分の彫金机に合うように作られていないため、取り付けが大変でした。
    顕微鏡 彫金用 03
    位置あわせをしてから、ステンレスの板やネジなどを買ってきて、、、
    もう一度足りないパーツを購入して、、、

    取り付けも無事終了~ 太陽
    顕微鏡 彫金用 05
    刻印打ちやリングの裏石を留める際の移動式の棚を配置してチェック中・・・
    ウン、いけそうです 感嘆符

    ☆エッグでいろんな用途で使用する小さな移動式の棚をブログでご紹介しています☆
     作業の改善のために棚を作ってみました 公開日:2015/05/23

    昨日まで使っていたマイクロスコープ、2代目で同じタイプを10年くらい使っていたかな
    顕微鏡 彫金用 04
    アームはパソコン用のアームでしたが、ほんとにいい感じでした。。。
    ただ、バフ台にアームを取り付けていたので、バフを使ってると振動で
    マイクロスコープは使用できませんでした。
    新しいのはバフを掛けながら、マイクロスコープで気になった箇所を修正できます グー 02
    長い間、ありがとね、お疲れさま~(^^)

    明日からはこちらのマイクロスコープです 感嘆符   使わない時は・・・
    顕微鏡 彫金用 06
    クルっと回して横に移動です。
    ぼくはルーペを使うようにマイクロスコープを使用したいので、使いたい時はすぐ出せて
    使用しない時は簡単に横にどける、みたいな使いやすさにはこだわります グー 02

    なので、これからもアームの調整が続くと思います。
    このマイクロスコープとも10年の付き合いができるといいなぁ
    さぁ、製作に戻ります~ 太陽


          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • ダイヤとオパールのピアス

    公開日:  最終更新日:2019/02/18


    今回のご紹介はオパールとダイヤの付いたピアスです [exclamation×2]
    ピアスを製作するのは久しぶりです(^^;)
    ダイヤとオパールのピアス(18Kゴールド) 01
    お客様のお手持ちのオパールとダイヤに合わせて石枠を製作しピアスにしました。
    ダイヤの大きさは約5mm、オパールは大きさ、色味が違ったものを使用しています。

    そして、簡単に製作の流れもご紹介です☆
    まずはワックス製作[ダッシュ(走り出すさま)]   キャストで仕上げていく工程ではワックスで形を作るんです。
    ダイヤとオパールのピアス ワックス 01
    ピアスなので出来るだけ軽く仕上げたい、ということで、、、
    ギリギリまで壁を薄くして華奢にしてあります。

    ダイヤとオパールを置いてもちょうどいい感じです [るんるん]
    ゴールドでキャストなので気持ち大きめにワックス製作しています。
    ダイヤとオパールのピアス ワックス 02
    ダイヤ留めるために地金の厚みや高さをチェックしてから、キャストへ出します。

    そして、、、

    無事、東京から無事キャストも上がってきました。
    一緒に出した結婚指輪も綺麗にキャストさています(^^)
    ダイヤとオパールのピアス キャスト上がり 01
    この工程はいつもドキドキです。
    欠損がないか、地金代はお見積もりの読み通りか、、、 などなど(^^;)

    軽く石枠を内側を微調整して、石を置いてみるといい感じ、読み通りでした~ [晴れ]
    ダイヤとオパールのピアス キャスト上がり 02

    ピアスの金具も購入してきて、材料が全部そろいました。
    ピアスの金具
    ポストは0.8mm、キャッチはシリコン付きにしました☆

    溶接~ [exclamation×2]
    ピアスにポストを溶接
    溶接が問題なく終わると、磨きをして、石留めに進みます。
    こういう小さいものは手で持ちにくいので、磨きにくいのですが丁寧に研磨していきました。

    最後にミル打ちを一つ一つ整えて、、、

    オパールとダイヤのピアスの完成です [晴れ]
    ダイヤとオパールのピアス(18Kゴールド) 01
    ほんとにシンプルなピアスですが、オパールとミル打ちの相性もいい感じです(^^)

    横から見ると かなりぷっくりなオパールなんです。
    ダイヤとオパールのピアス(18Kゴールド) 02
    オパールの大きさは7.1mm × 6.4mm 厚み5.7mm  7.9mm × 7.5mm 厚み5.7mm

    そして無事納品も出来ました~ [晴れ]
    Sさま、ほんとにお待たせしてすいませんでしたm(_ _)m
    気に入って、永く使ってもらえたら嬉しいです☆

    それでは製作に戻ります~ [ダッシュ(走り出すさま)]


          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • ファションリングの新品仕上げ

    公開日: 

    いつもは結婚指輪やエンゲージのサイズ直しや新品仕上げのご紹介なので、、、
    今回はファションリングの新品仕上げもやってますよ~☆ というご紹介です [exclamation×2]

    以前、エッグでサイズ直しをされた お客様が今回はファションリングの新品仕上げのご依頼です。
    フッションリングの新品仕上げ 01
    素材はプラチナ(Pt900)で、アクアマリンとダイヤ留まっている指輪です。
    石の付いている指輪の新品仕上げは ツメ付近はほとんど触りません [手(パー)]

    裏側も見てみると、軽くキズがある程度なので問題ありません。
    フッションリングの新品仕上げ 02
    しっかりとした作りだったので、変形等もありませんでした。
    なので、サクサク新品仕上げを進められます(^^)

    途中の様子です。 持ち込まれた時より曇ってない?! と思われそうですが、、、
    フッションリングの新品仕上げ 03
    傷を取るために研磨材をつけて磨いている最中なので、こんな感じなんです [目]
    ここから、バフ掛けという最終研磨をすると、、、

    新品仕上げの終了です~ [晴れ]  今回はサクサク進みます(^^;)
    フッションリングの新品仕上げ 04
    石枠の側面に付いていた小キズや汚れも綺麗に落としてあります。

    腕もピカピカに~ [ぴかぴか(新しい)]
    フッションリングの新品仕上げ 05
    今回は深い傷がありませんでしたが、基本的には深いキズはそのまま残します。
    深い傷を取るために研磨すると薄くなったりするためです。
    職人さんの感覚でバランスを見ながら、新品仕上げをしていくことになります。

    正面も綺麗になりました [晴れ]
    フッションリングの新品仕上げ 06
    アクアマリンやダイヤに付着した汚れが超音波洗浄機で落ちるためです。
    また石の裏側の汚れや石枠の下穴に詰まった汚れなども落ちるので、宝石の輝きは
    かなり変わります(^^)

    いかがでしょう、、、 お気に入りのジュエリーたちが少し汚れが目立ってきたなぁ、、、
    と思ったら新品仕上げでピカピカにするのは [ぴかぴか(新しい)]
    気になることがあれば、お気軽にメール等でお問い合わせください。
    今回は営業ブログでありました~(^^;)

    ※アトリエエッグではサイズ直しや新品加工、変形直しなどいろいろな修理をしています。
    結婚指輪や婚約指輪のサイズ直しや新品仕上げ 過去の修理を一覧で見られます☆


    最後はキャストから上がってきた、原型やオーダーメイドの指輪たち、、、
    ここから仕上げて納品していきます~ [手(グー)]  今月はドタバタな月になりそうな予感が  [あせあせ(飛び散る汗)]
    キャストの吹き上がり


                <<アトリエエッグのトップページに戻る>>


    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • リフォームで新しい18Kゴールドの指輪を製作

    公開日:  最終更新日:2019/02/15

    もうすぐ3連休~ [手(グー)]
    テンションが上がってる方も多いのでしょうか(^^)
    アトリエエッグは製作です(^^;)

    今回のご紹介はリフォームで製作した18Kゴールドの指輪です [exclamation×2]
    リフォーム後の指輪 01
    ぷっくりとした ねじれの柄の指輪を製作しました。 サイズは15.5号 リング幅約5mmです。

    リフォーム前の指輪たち。 こちらを溶かして製作してほしいとのご依頼でした。
    リフォーム前の指輪
    アトリエエッグのリフォ-ムはお預かりした指輪を一度売却して
    新しい地金で新たに作り直すというのがほとんどなんです。
    ロー材など不純物のことやデザインの自由度が落ちてしまうためです [あせあせ(飛び散る汗)]
    ただ、お客さまのご依頼があれば、地金を溶かして再製作していきます [手(グー)]

    ということで、18Kの指輪たちを一度溶かして、、、
    リフォームの製作過程 01
    寸法出しした板状にします。 この寸法出しが結構大変なんです。
    出来るだけ余った地金を出したくないので、長さはサイズ15.5号になるような長さになっています。

    真っ黒でしたが稀硫酸に浸けると、、、 ゴールドの色が出てきます。
    リフォームの製作過程 02

    これを丸めていきます。。。。 厚みは2.3~2.4mmほどあるので一苦労です[あせあせ(飛び散る汗)]
    リフォームの製作過程 03
    ナマシながら(炎を当ててからの急冷で柔らかくします)、木槌で叩いて、叩いて、、、

    リフォームの製作過程 04
    リング状にして、溶接します。 ふぅ~(^^;) サイズもピッタリでした [exclamation×2]

    ヤスリで表面に丸みをつけて、甲丸状にしていきます。
    リフォームの製作過程 05

    さらに甲丸状に厚みやリング幅を整えていきます。
    リフォームの製作過程 06

    斜めのラインを入れて、、、  削っていきます
    リフォームの製作過程 07

    そして、ようやく形が見えてきました~ [晴れ]
    リフォームの製作過程 08
    なんで、ワックスあるの? と思われるかもしれませんが、普段と違う製作の仕方は不安なんです [たらーっ(汗)]
    削りすぎては1発で終了になってしまうため、ワックスで形状チェックをしながら進めています(^^;)

    さらに糸ノコやヤスリを使いながら、ようやくココまできました~☆
    リフォームの製作過程 09
    途中、真円が狂ってたので修正等のハプニングもありましたが、、、
    またナマしてから真円出し、サイズのチェックです。。。。
    目標の寸法も形状も出来てきたので、ぷっくり感をさらに出していきます。

    ほぼ完成~ [exclamation×2]  ではありませんが、ココからは研磨なので気が楽です(^^)
    リフォームの製作過程 10
    板材の合わせめのロー目や変なスが出ないか心配でしたが、問題なく仕上げられました。

    そして完成~ [晴れ]
    リフォーム後の18Kゴールドの指輪 01
    リング幅5mm 厚み2.2mmほどなのでズッシリ感のある指輪に仕上がっています。

    リフォーム後の18Kゴールドの指輪 02
    普段のワックスを製作してからの鋳造という流れではなく、ゴールドの板材からリングを製作。
    なかなか大変で製作時間もいつもよりぜんぜん掛かったと思います。
    ただ、この指輪の地金で製作してほしいというお客様もいるんですよね。
    無事納品でき、喜んでもらえてよかったです(^^)

    今回のお客様は東京の在住の方で以前にもサイズ直しやリフォームのご注文を受けました。
    前回も板材を丸めて指輪を製作し、その工程をブログでご紹介しています。
    リフォームで製作した18Kゴールドの指輪 03
    使っていないペンダントをリングにリフォーム 公開日:2016/07/28


    <<アトリエエッグのトップページに戻る>>

    コメント

    Comments

    1. 匿名 より:

      aaaaaaaa

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • 久しぶりのブログ更新

    公開日:  最終更新日:2019/02/12

    ほんと久しぶりのブログ更新となりました~[あせあせ(飛び散る汗)]
    記事内の画像が見えなくなるというアクシデントに見舞われ、、、
    ブログの画像を全部差し替えました。

    その数3000枚ほど・・・ さすがに疲れました~ (^^;)
    なんか目の奥が痛くなりましたが、、、 がんばりました [手(グー)]
    ただ、この作業で新しい発見もあり、ちょっと楽しみなことも [晴れ]

    ということで、2019年の最初のブログはサラリとした内容で [exclamation×2]
    アトリエエッグの工房の様子 01
    最近の工房の様子です [目]  机も片付けもしないでそのまま~ (^^;)

    最近は新しい工具も購入していないので、あまり変わらない様子です。
    アトリエエッグの工房の様子 02
    ホワイトボードには納品とお休みの予定が、、、 1月はお店からのご注文が多かったです。
    1月3日からブログ画像の差し替え作業とワックス製作に追われていました [あせあせ(飛び散る汗)]

    そして、作業机は、、、 汚い(><)
    アトリエエッグの工房の様子 作業机
    ワックスの製作をしている時はいつもこんな感じです。
    顕微鏡で見ながら、細かい箇所のチェックや形を整えていきます。
    工具は特に特別なものは使っていませんが、以前のブログでご紹介しています。
    彫金工具(彫金ワックス用の工具) 公開日:2016/02/05

    最後はお正月明けに2019年、最初に納品したお仕事 [晴れ]
    カルティエ ラブリングの新品仕上げの前の状態
    カルティエのミニラブリング(ピンクゴールド)の新品仕上げです。

    リング表面の小キズを取っていき、軽く研磨していくと、、、 こんなに綺麗に[ぴかぴか(新しい)]
    カルティエ ラブリングの新品仕上げのカルティエ ラブリングの新品仕上げ 01
    デザインがシンプルなものほどサイズ直しや新品仕上げは難易度が上がります。
    表面に丸みが付かないように、消せないキズはそのまま残して仕上げてあります。

    ダイヤも汚れが取れて綺麗になりました [ぴかぴか(新しい)]
    カルティエ ラブリングの新品仕上げ 02
    お客様にも無事納品、喜んでもらえてよかったです (^^)/


    また以前のブログでミニラブリング(ホワイトゴールド)のサイズ直しもご紹介しています☆
    カルティエ ミニラブリングのサイズ直し
    カルティエのミニラブリングのサイズ直し  公開日:
    エッグのブログでは工程を画像多めでご紹介していますよ(^^)

    さぁ~、2019年もたくさんの結婚指輪やオーダージュエリーを製作していきます。
    ブログでもご紹介していくので、よろしくお願い致します m(_ _)m

       <<アトリエエッグのトップページに戻る>>

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 ②

    公開日:  最終更新日:2019/01/13


    12月です[ダッシュ(走り出すさま)] いよいよ忘年会のシーズン到来です[exclamation×2]
    今年も飲みますよ~[ビール] なので、家飲みは抑え気味です(^^;)

    さて、今回はヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 ②です[手(グー)]
    前回、製作してみたヘッドルーペ+遮光メガネはいい感じです[手(チョキ)]
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 01
    ただ、ロー付け(溶接)で遮光メガネを改善してたので強度が心配だったんです、、、
    なので、遮光プレート(アクリル)でも製作してみようかと[手(パー)]

    どの暗さが適当か分からなかったので、3種類購入しました。
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 02
    一枚、525円です。 アクリルで購入しようとすると4種類しかありませんでした[手(パー)]

    購入したお店は増田伊商店 (京都)
    http://masudai.co.jp/ 面白そうな工具がいっぱいあります(^^)/

    袋も載せちゃいます[カメラ]  暗い順に#5、#3、#2 という番号になります。
    番号が大きいほど暗くなり、#8というのがありますが暗すぎます
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 03

    今回は#5の遮光プレートを選択して、簡単に製作時の画像も載せてみました。
    まずは穴あけ[exclamation×2]
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 04

    穴の位置はこのネジの位置と同じに開けました。
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 05

    なので、こんな感じに固定できます。
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 06

    穴を基準にして、カット[exclamation×2]
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 07

    角を落として、センターに黄色のラインを入れました。(マスキングテープ)
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 08

    出来上がりです~[晴れ]
    遮光プレートを上から滑らすようにはめると、白いボタン部分で引っ掛かります。
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 09
    黄色いラインはヘッドルーペをつけたまま遮光プレート付けやすいようにです。
    センターが分かるので いいのでは、、、 と思ってやってみました(^^;)

    シンプルな作りなので耐久性もあると思います。
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 10

    白いボタンの角を丸めて、遮光プレートが少しでも滑らかに はまるようにしてみた
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 11
    遮光プレートの厚みとボルトの厚みは気を付けないと はまりませよ[手(パー)] 注意です(笑)
    (遮光プレートの厚みは約2.2mmです。)

    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 12
    ぼくはボルトを削っていますが、遮光プレートのほうを合うように削ってもいいと思う。
    と、、、いつもなが自分だけが良い!! と思ってる改善です(^^)

    ちなみに、、、
    前回の遮光メガネと今回の遮光プレートでは前回の遮光メガネのほうが使いやすいです[あせあせ(飛び散る汗)]
    改善してると、こんなことは何度もありますが気にしません[手(パー)]
    ヘッドルーペと遮光メガネを使って改善 ① 公開日:2018/10/30


     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • 40年前の指輪、細くなった腕を付け替え&サイズ直し

    公開日:  最終更新日:2019/01/13


    今回の修理はご依頼人のお母様のお気に入りの指輪を修理&サイズ直しです[晴れ]

    40年以上前の指輪ということで、腕の厚みが薄くなり使わなくなったいうことです(><)
    ただ、腕の付け替えは工賃が高くなってしまうので、指輪自体のお値段を考慮すると
    どうしましょうか、とお尋ねしたところ、、、修理します [exclamation×2] との返答。

    ということで、腕の付け替えとサイズを#12.5号から#9号へ 修理です[手(グー)] 指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 01
    2本とも#9号へサイズ直しですが、白鳥の指輪は薄い箇所を付け替え

    横から見るとこんな感じです[目]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 02
    時計で言うと4時~5時のあたりが一番薄くて0.6mmほど、、、 薄いです(><)
    他の箇所を測ってみて、、、0.9mm以下のところは付け替えることにしました。

    18Kのパーツ作りです[手(グー)] 普段からキャストの際に出る湯口という箇所を集めていて、、、
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 03
    綺麗な18Kの地金なので、これを溶かしてリングのパーツを製作します。

    バーナーで溶かして、左右からハンマーで叩いた状態。 最初のまん丸の時は撮り忘れ[あせあせ(飛び散る汗)]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 04

    さらにハンマーで叩いて、ローラーに掛けて、、、棒状にします
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 05
    ここから必要な幅、厚み、長さになるようにローラーを掛け続けるのです[あせあせ(飛び散る汗)]
    このときはドキドキです、失敗したら上の工程をもう一度やることになるので(^^;)

    無事、寸法出しが終わり、リングの#9号に合うような丸みをつけます。
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 06

    真っ黒だった18Kも希硫酸につけると、、、 ご覧のとおりきれいな色味が[ぴかぴか(新しい)]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 07
    ここからサイズ9号にぴったり合わせられるか心配でしたが、、、

    パーツと指輪を置いてるみるといい感じです[晴れ]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 08
    パーツのほうが厚みがありすぎない?! と思われそうですが、、、

    実際にロー付け(溶接)してから見ると、ほとんど同じ厚みなんです[手(パー)]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 09
    パーツはリングの厚み+0.1mm~0.15mmで製作してあります
    そして、リングのサイズも ほぼ#9号と一発で上手くいきました~(^^)/

    表面に丸みをつけたり、幅を合わせたり、形を整えていきます。
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 10
    ただし、厚みは薄くしないようにです [手(パー)]


    研磨していきます~[ぴかぴか(新しい)]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 11

    最終研磨の前の段階[ぴかぴか(新しい)]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 12

    ロー付け(溶接)した箇所も馴染んでいます(^^)
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 13


    そして完成~[晴れ]
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 14

    表面も軽く研磨をして、綺麗にしました。 深い凹みはそのままです[exclamation×2]
    薄いところで厚みは0.9mmになるように腕を付け替えました。
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 15
    うん、付け替え箇所も馴染んでると思う(^^)/

    付け替えたパーツの色味と指輪の色味が合っているか、ちょっと心配でしたが、、、
    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 16
    今のところ問題なさそう。。。
    ただ、時間の経過とともに色味の差が出る可能があります。。。[手(パー)]
    その際はもう一度研磨して、今と同じようにします[手(グー)]

    指輪の細くなった腕を修理&サイズ直し 17
    お母さまの大切な指輪を修復して、また付けられるように、、、 素敵だなぁ[ぴかぴか(新しい)]
    素敵なクリスマスプレゼントになるりますね(^^)/

    さぁ、週末です!! よい休日を~☆

    アトリエエッグは結婚指輪やオーダージュエリーを製作している工房ですが
    ジュエリーのサイズ直しや修理もやっています。
         ジュエリーの修理やサイズ直しの一覧ページへ
     
          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
     

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

  • #8号からピンキーリング(#3号)にサイズ縮め

    公開日:  最終更新日:2019/01/13


    最近、サイズお直しのお問い合わせが多いです。
    あとリングが外せなくなった際のリングカットも [あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

    外れなくなったリングをカットして修理+サイズUPするには時間が掛かります
    手間や 必要になる地金の量も増えるので工賃が上がってしまいます、、、
    ブログを読んでる方は結婚指輪チェックしてみましょう~☆  ちょっと営業(^^;)

    さて、今回はちょっと前に納品したサイズ縮めのご紹介です。
    プレゼント用のシルバーの指輪で、ピンキーリングのサイズでご希望でしたが
    販売されていないということで、#8号⇒#3号へ、、、

    ハートのチャームの付いた可愛らしい指輪で「 PANDORA 」というブランドの指輪 [ぴかぴか(新しい)]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 01
    彼女さまの誕生日にプレゼントしたいということで、、、超特急でのサイズ直しでした[ダッシュ(走り出すさま)]

    ということで、、、
    指輪の検討の際にエッグへ電話 ⇒ サイズ直しの納期確認 ⇒ 購入 ⇒ エッグに持ち込み(笑)
    イレギュラーあったらどうしましょうか~(><) というサイズ直しでした[あせあせ(飛び散る汗)]

    まずはマジックでカットする箇所をチェック[exclamation×2]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 02
    リング裏の刻印が少しでも残るようにカット位置を決めます[手(パー)]

    #8号⇒#3号なので、5mmのカットになります
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 03

    リングを少しづつ曲げて地金を寄せてきます。 切り目もピタッと合いました(^^)/
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 04

    溶接(ロー付け)~[晴れ]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 05
    回転工具で溶接箇所をしめてから(硬くさせてから)、形を整えます[exclamation×2]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 06
    サイズ直し箇所が分からなくなるように、リング幅や厚みに気を付けながら整えます。

    正面のハートのチャームは燻しの処理がされていたので、、、薬品の準備です。
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 07
    ココにチャポンっとリングを浸すと、、、、

    こんな感じに浸したところだけ真っ黒に(笑) 薬品、すごい[exclamation×2]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 08
    再度、磨き直して、、、

    サイズ直し、無事終了です~[晴れ]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 09
    ハートのチャームもいい感じに仕上がりました(^^)

    リング幅もほぼ変わらず、サイズ直し部分を綺麗に整えました。
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 10

    別の角度から見ると、、、[目]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 11

    ケーズに入れた状態でも写してみました[カメラ]
    ピンキーリングにサイズ縮め シルバーリング 12
    リングの持込みをされて、翌日の夕方にはサイズ直ししてお渡し、、、[ダッシュ(走り出すさま)]
    エッグではここまで早くサイズ直しすることはないですが、無事納品できてよかったです(^^)
    お誕生日プレゼント、喜んでもらえたら嬉しいなぁ [晴れ]

    さぁ~、明日から12月です[exclamation×2] いよいよ年末ですね~
    来月も製作に、忘年会にがんばりまっす(^^)/

    アトリエエッグでは今までにたくさんのサイズ直しや修理をしています。
    こちらで一覧で見ることができます  指輪のサイズ直しや修理の一覧


          <<アトリエエッグのトップページに戻る>>

    コメント

    コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。

ブログTOPへ戻る

©2019 アトリエエッグの工房日記