世界遺産の知床半島に行ってきました

公開日:  最終更新日:2019/09/12

 
9/6~9/10のお休みを使って世界遺産の知床半島に行ってきました~ 太陽
イヤぁ~、迫力のある自然が見れて、ほんとにいいところでしたよ(^^)
ということで、今回はそんな知床旅行&登山の画像をご紹介です~ ルンルン 音符

まずは北海道らしい風景 感嘆符  一つ一つの農場がデカイです、ほんとに パー
知床の自然 01

2日目から登山です☆
知床の自然 02
羅臼岳の頂上めざして、3時半起床、4時民宿出発、朝の5時から登り始めました 汗
この画像で頂上まで30分~45分くらいのところです
羅臼岳全体の画像は撮り忘れましたが、迫力のあるお山でした(^^)


フラフラになりながら羅臼岳の頂上~ 太陽   標高1,661mです。
知床の自然 03
海のむこうにうっすら見える陸地は北方領土の国後島(くなしりとう)です。
画像では小さく見えますが、実際はかなり大きくて近くに見えます。

ヘロヘロですが、何とか登って来れて笑顔の写真(笑)
知床の自然 04

天気ももってくれて良かった~☆ 夕方から崩れる予定だったので。
知床の自然 15
羅臼岳はヒグマが出ます、、、(><)
というか知床は世界的に見てもヒグマが高い密度で生息している場所なんだそうです タラー
なので、熊避けの鈴やクマ撃退スプレー(唐辛子を噴射)をレンタルして登山しました。

下山途中にパーティから5m付近で笹が大きく揺れて焦りましたが、エゾシカでした(><)
姿の見えない笹の揺れはほんとに怖かったです 汗  そして、シカの耳が見えた時はホッとしました。



3日目は観光~ 太陽
筋肉痛と膝を痛めたので、登山はとてもムリの状態でした、、、(^^;)
ということで、観光船から知床半島を堪能です☆
知床の自然 05
崖の高さは100m以上あるそうです。 なのでマンションの30階くらいでしょうか

こんな大きな岩も 見る
知床の自然 06

こんな高い滝も 見る
知床の自然 07
楽しめるのであります~ 太陽

ヒグマの親子も出会えました。
知床の自然 08
小さい観光船だったので、ヒグマを見つけてくれると近くまで寄ってくれます。
といっても、もちろん距離は有りますが、、、(^^;)


お母さん熊が移動すると子グマたちもついて行きます。
遠くから見る分には ほのぼのした光景でした(^^) 近くでは出会いたくありません。。。
知床の自然 09

2頭めの熊を発見 見る
知床の自然 10
お魚を探してるようです。


3頭めの熊を発見 見る  この熊は大きかったです 感嘆符
知床の自然 11
周りにも隠れて熊がいるそうなのですが、このボス的な熊のせいで近くに寄れないそうです。
見てる分には「魚はどこ?」みたいな、、、頭をキョロキョロさせて可愛い感じでした。
ちょっとビックリなのが、熊から200~300メートルくらいの距離に建物や重機があるんですが、、、
住宅ではないと思うけど工場っぽい。 普通には考えられない状態です 汗

双眼鏡とカメラと交互に見るので疲れましたが、いい観光船でした~ 太陽
知床の自然 12


午後からは知床五湖です。 時間は無駄にできないので忙しいのです 急ぐ
トンボも一緒に写りたいということなので、、、
知床の自然 17
知床連山 + 湖に映りこんだ知床連山 + トンボくん(笑)

知床五湖には高架木道もあります。 2日前にヒグマが目撃されたそうです 汗
知床の自然 16
ココはほんと綺麗な景色が堪能できました。
世界遺産ってすごい 感嘆符 


4日目は斜里岳~ グー   

知床の自然 13
面白い登山でした☆ こんな感じに川の近くを登っていきます。
川の水の近くを歩くと なぜかテンション上がります(笑)

頂上のからの風景~ 太陽   標高は1,547mです。
知床の自然 21
知床の自然 14
羅臼岳 同様きれいな景色を堪能できました~☆
下りはビール ビール のことだけを考えながら歩きます 急ぐ
とにかく暑かったです、ほんとに 汗


最後はドライブ中に出会った動物たち☆
知床の自然 18
キツネくん、普通に道路の端を歩いていました。。。


親子連れのクマたち、、、
知床の自然 19
車とすれ違う時には5mくらいだったと思う。。。
泊まった民宿はココから300mくらいです 汗
世界遺産の知床、、、 迫力のある自然といろいろな自然動物たちに出会えます 太陽


最後はニャンコ、、、 手が萌える(笑)
知床の自然 20
さぁ~、リフレッシュできたし、9月もバリバリ製作します~ グー 02

 
      <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
 

コメント

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑