オパールとダイヤの指輪をリフォームで製作

公開日:  最終更新日:2018/12/07

いよいよGWですね~、お天気も良さそうです[晴れ]
アトリエエッグは変わらず製作ですが、、、(^^;) 5月中旬に連休を頂く予定です[手(パー)]

今回のご紹介は オパールとダイヤの指輪(プラチナ) です[exclamation×2]  リフォームで製作しました。
オパール、ダイヤリング 01
オパールの大きさは10.6mm×8.3mm、ダイヤの大きさは2.5mm×12個になります。

リフォーム前のデザインはコチラ。  ツメを起こしてオパールを取る寸前でパシャリ[カメラ]
オパール、ダイヤリング 02
オパールの横のダイヤの付き方があまり好みでない、ということで
シンプルな腕で作り直します。

お客様のほうでデザイン案は2つに絞られていたので、オパールやダイヤの大きさを測って、、、
オパール、ダイヤリング 07
CADに起こします[exclamation×2]  立体の状態で見てもらって、コチラのデザインで決定でした。

デザインが決まると本番のワックス製作です。
オパール、ダイヤリング 08
今回は2つのパーツで製作して、ワックス時に接合する方法を選択しました。
なんで1個でいかないの? というと、エッグの切削機は長いツメが得意ではないんです[あせあせ(飛び散る汗)]

ただツメを4本、ワックスでつけるって結構大変なんです。
1本でもツメの位置がずれてるとワックス自体がボツになってしまうので(><)

なので下のような補助部分付きのツメで接合します。
オパール、ダイヤリング 09
4本のツメの先をベースと接合して、そのあと楕円の補助部分をワックス時にカット[exclamation×2]
途中の画像取り忘れました[あせあせ(飛び散る汗)] そして完成したワックスも[たらーっ(汗)]

なので、無事キャストからあがってきた画像です[晴れ]
オパール、ダイヤリング 10
ワックス時にはツメの先のほうに楕円の補助部分があったと思ってください。
オパールを置いてみると、ちょうどいい感じに留められそうです(^^)

綺麗に研磨して、石留めをして完成です~[晴れ]
オパール、ダイヤリング 04
センターのオパールもすんなり留められました。
このオパール左右で厚みが違いました、なので石枠の厚みを少し左右で変えてあります。
そうすることで、オパールの表面ができるだけ水平になるように工夫を加えました。

ダイヤは共有ツメで留めました。
オパール、ダイヤリング 05
ツメは出来るだけ小さくしたいのですが、直径や形状が微妙に違うダイヤの場合は
キチッと留めることを最優先しています。

ダイヤは直径の大きなものからセンターに、小さいものは両端に持っていくのですが、、、
厚みがが逆転して小さいのに厚いものがあるんです(><)

そんなダイヤの石留めに奮闘しながら、、、
ツメの先まで綺麗に研磨にして納品いたしました~[晴れ]
オパール、ダイヤリング 06
いつものことですが、ブログではすんなり進んでいますが[あせあせ(飛び散る汗)]
今回の製作も いろいろ勉強することが多かったです[exclamation×2]
それにもめげずに次のオーダーメイドに取り掛かる作りてさんでした。。。[手(グー)]

さぁ~GWですね~(^^)/ エッグはお仕事ですが5月中旬にお休み頂きます☆
それではみなさま良い連休を~[晴れ]
 

      <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
 

コメント

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑