アンティーク調の唐草模様の結婚指輪

公開日:  最終更新日:2018/07/17

寒い日が続きますね~[雪]
風邪をひかないように加湿器全開で製作であります[手(グー)]

さぁ、出来上がりました アンティーク調の唐草模様の結婚指輪[晴れ]
アンティーク調の唐草模様の結婚指輪
いい感じに仕上がったと思います[exclamation×2]
エッグの新作の結婚指輪だったんですが、いきなりリング幅6mmのアレンジでのご注文でした。
元々は4.8mm幅を6mmへ、結婚指輪としては幅の太いタイプになると思います。
18Kのイエローゴールドとホワイトゴールドで#16.5号、#9.5号で製作してあります。

ちなみにこちらが元々の 唐草柄(蔦、ツタ)の結婚指輪 ← 詳しい内容が見れます☆
アンティーク調の唐草模様の結婚指輪 09
 

CADの画像ではこんな感じ[目]
アンティーク調の唐草模様の結婚指輪 CAD画像
ここで柄の微調整やリング一周で唐草模様が繋がるように確認していきます。

本番用ワックス~[ぴかぴか(新しい)]
アンティーク調の唐草模様の結婚指輪 彫金ワックス
細かい部分は先の尖った工具を使って、柄を整えていきます。
ワックスを見ながら、、、これはいい感じの指輪になると思いました[晴れ]

キャスト上がりです。 ホワイトゴールドがきちんと鋳造されるか心配でしたが、、、[あせあせ(飛び散る汗)]
ホワイトゴールドの鋳造はミルグレインなどの細かい柄が苦手なんです(><)
アンティーク調の唐草模様の結婚指輪 キャスト上がり
綺麗なキャスト肌で上がってきて、ひと安心(^^)

形を整えながら研磨、、、ミル打ちなども一つ一つ工具で整えて。。。

そしてアンティーク調の唐草模様の結婚指輪、完成です[exclamation×2]
アンティーク調の唐草模様の結婚指輪 04
ホワイトゴールドは少し黒っぽい色をしています。
アンティーク調のデザインには合っていると思いますが、、、ただキャストが不安定で、、、
細かい柄、ミルなどいつもドキドキします(^^;)

ミル打ちはぷっくりな感じで、一個一個彫金工具で整えました[手(グー)]
アンティーク調の唐草模様の結婚指輪 05

凹み部分は強めのつや消し(サンドブラスト)、唐草模様は凸部は優しいつや消し(ヘアライン)
アンティーク調の唐草模様の結婚指輪 06
サンドブラストとヘアラインの比率というかバランスも大事なんですよね
そこが難しいところでもあるのです、、、(^^;)

唐草模様はリング一周繋がるように入れてあります。
決められたスペースに入れること、そしてちょうど見やすい唐草柄、それが意外と難しくて
アンティーク調の唐草の結婚指輪 07
いつもワックスを作っては修正の繰り返しで、デザイン絞り込んでいきます。
今回のお客様はこれだと思える物をお二人で探し回って、アトリエエッグに決められた
ということで、何度も修正しながらデザインした唐草模様が報われた~という気持ちです[晴れ]

アンティーク調の唐草の結婚指輪 08
この結婚指輪のお客様は千葉県在住の方からでした。
遠方からのお問い合わせですが、メールや郵送で何度かやり取りをして製作していきました。
無事納品出来て、お客様より気に入ってくれたとのメールも頂きよかったです(^^)

さぁ、明日も寒いようですが、がんばって製作です~[手(グー)]
風邪なんてひいてる場合じゃなーい[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

 

      <<アトリエエッグのトップページに戻る>>
 

コメント

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑