セミオーダージュエリー

唐草柄の結婚指輪|お客様が描いた唐草柄を凸で表現

お客様が描いた唐草柄の結婚指輪 01
お客様が描いた唐草柄の結婚指輪 02
お客様が描いた唐草柄の結婚指輪 03
お客様が描いた唐草柄の結婚指輪 04

唐草柄を凸で彫刻した結婚指輪です。 お客様よりご自分で描いた唐草柄をメールで頂き、それをリング表面に彫刻していきました。 アトリエエッグのセミオーダーでは柄を凹みで彫刻するだけでなく、柄を凸で表現することもできます。

リング幅は4.5mm、メンズはホワイトゴールド、レディスはプラチナで製作し、唐草柄はリング1周途切れなく入れてあります。

唐草柄を凸にすることでテクスチャーの付け方もいつもと違ってきます。 通常は凹みの唐草が強いつや消し(サンドブラスト)リング表面は磨きか 弱いつや消し(ヘアライン)になりますが、唐草を凸にすることでまったく逆のテクスチャーで仕上げることになります。

今回のお客様は栃木県在住の方からでした。 メールのやり取りやワックスでの確認など、お客様のイメージに近づくように製作していきました。

 

セミオーダー価格表

完成までのながれ

 

はじめての方も お久しぶりの方もMore content

 

△TOP