唐草(ツタ)の結婚指輪

公開日:  最終更新日:2017/09/11

唐草(ツタ)の結婚指輪できました~[exclamation×2]
唐草(ツタ)の結婚指輪 01
蔦(ツタ)は枯れにくく育ちが良いことや、壁や木などに絡まると離れないことから、
「永遠の愛」「結婚」などの花言葉なので、結婚指輪にはデザイン的にも花言葉的にも
ぴったりだと思います[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]  個人的にはとてもお気に入りの柄です(^^;)


今回は埼玉県在住の方からのご注文で、ブログのこの画像を気に入られたということでした。
唐草(ツタ)の結婚指輪 02
サンプルの指輪として製作途中でしたが、ブログに載せていました。
あ、ありがとうブログ~[exclamation×2](^^)
広告など出せないエッグにはブログくんは大事な営業部長さんです[手(グー)]

上のサンプルはリング幅6mmで製作していますが、お客様のご希望で4.8mmに。
唐草(ツタ)の結婚指輪 03
細かい部分でデータ修正を加えて、、、、

ワックス製作です[手(グー)] 切削機でいったあと、手作業で柄の修正を加えました。
唐草(ツタ)の結婚指輪 04
いい感じに仕上がる予感[るんるん]

そして、キャストへ~[ダッシュ(走り出すさま)]

リング一周に唐草の柄が入っているため、内側に湯口が付いています。
唐草(ツタ)の結婚指輪 05
今回のキャストは全部 内側に湯口、、、
リング一周に柄が入っているので仕方ないのです[あせあせ(飛び散る汗)]

湯口のカットも慣れました(^^;)
唐草(ツタ)の結婚指輪 06

サイズ出しをして、柄の細かい箇所を整えます[目]
唐草(ツタ)の結婚指輪 07
溶けた金属を型に流し込む関係でワックスでいじらないで金属になってから
整えたほうが良い[手(パー)] ということがあるんですよね。
特に柄の入っているものはそういう箇所が多いです[あせあせ(飛び散る汗)]

凹み部分は強めのつや消しにするのでサンドブラストを当てました[exclamation×2]
唐草(ツタ)の結婚指輪 08
画像をよく見ると小さな白い点のようなものが見えますが、それがガラスのビーズです。
それをエアー利用して強く当てることで、こんなグレー色になります。

そして、ココからは凸部分の唐草などを磨いていきます。
唐草表面の丸みを崩さないように丁寧に研磨です。
その後、両端のミルも一つ一つ彫金工具を使って整えていきます。

ようやく完成~[晴れ]
唐草(ツタ)の結婚指輪 09

別角度から見ると、、、[目]
唐草(ツタ)の結婚指輪 10

唐草柄は今までたくさん製作してきました。 今回のツタはいい感じです[るんるん]
唐草(ツタ)の結婚指輪 11

この画像も好きです☆  自画自賛モードに突入中です。。。。ハイ(^^;)
唐草(ツタ)の結婚指輪 12
そして無事納品もできました~[晴れ] いつもながら気に入ってもらえるとホッとします(^^)

こちらはエッグのオリジナルリングなので18Kでサンプルを作ってみることにしました[exclamation×2]
テクスチャーの付け方も決めています[パンチ]
仕上がりましたら、またブログでUPしていきます。

それでは製作に戻ります~[ダッシュ(走り出すさま)]  いい週末を~[ぴかぴか(新しい)]
 

 

 

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑