自分ができない修理の時、、、

公開日:  最終更新日:2017/09/06

今回はいつもと違う内容。。。。  ちょっと独り言です。
いつかブログで書きたい内容だったんですけど、なかなか書けない内容でした(^^;)

お客様から修理のお仕事を頂くようになって、どのくらいたったんだろう、、、?(突然)
カルティエ 結婚指輪 サイズ直し
エッグのブログで一番読まれてる記事です。 カルティエの修理(サイズ直し)です。
http://atelier-egg.blog.so-net.ne.jp/2013-07-21

いままでいろいろな修理やサイズ直しを受けてやってきましたが
どうしてもアトリエエッグでは修理できないご依頼もきます。
きわどい修理でレーザー溶接機などを必要とする修理です。
エッグにはそんな高価な機器はないので、もちろんお断りしますm(_ _)m

ただ、ほんとに困ってる方のお話を聞いてると、、、
ココならレーザー溶接機も有り、やれるかも、、、とお教えしています。
ブログやフェイスブック等を見ているとほんとに上手い職人さんっているんです。

んじゃ、どうやって、その薦める職人さんやお店を判断してるの?ということになりますよね。
ぼくは修理箇所の大きめ画像で判断しています。
ウチのお店には腕の良い職人がいます。とか、 有名ブランドで働いました。とか
そういうところはあまり見てないかなぁ、、、

ブログやフェイスブックをフラフラ~っと見てると、おっ、上手い[exclamation×2] っていうのを見つけると
過去の書き込みを見てみると、やっぱり上手なんですよね

大きめの画像で修理箇所を何枚か載せてるのは、お店や職人からしてもリスクがあります。
それだけ粗が見えるので、、、(><)
実際の指輪の3~5倍くらいの大きさでUPしている画像は一般の方が見ても、んっ?!
ロー目が見えてる、とか、なんか不自然、、、、とか感じると思います。
それでも載せてるということは、、、 書く必要もないですよね(^^)

ただ、そういう工房は工賃も高いと思います、それだけ修理に時間が掛かるので。
なので、大事なジュエリーはそういうところに依頼する。 というのがいいかもしれませんね。

ちなみにエッグも大きめ画像で載せていますが、、、、 違う理由です(^^;)
良くも悪くも修理のレベルはこのぐらいです、というアピールのために大きめ画像にしてます。
修理って、お客様の修理済みのイメージと実際の修理のレベルが一致していたら問題ないのですが、
言葉だけの説明ではそこが難しくて、、、 とくに説明下手な自分にとっては。
なので、修理内容を大きめ画像で載せています。

もし、お近くで修理屋さんを探すのであれば、お値段や修理の説明、そして、、、
大きめでハッキリした画像を載せてるか、ということで判断されるのも良いかと思います(^^)
今回は独り言、参考にしてもらえればです~☆

さぁ、今日は帰ります[exclamation×2] この後、焼肉であります[手(グー)]
 

 

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑