アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド)

公開日: 

12月も中旬になってきました~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
何とか今年中に仕上げたいジュエリーがいくつかあるので、製作に奮闘中、、、
ま、間に合うかな、、、(^^;)

さて、今回のご紹介はオーダーメイドで製作したアンティーク調の結婚指輪[exclamation×2]
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 01
メンズをイエローゴールド、レディスをピンクゴールドで製作しました。
お客さまのほうよりご希望のデザインサンプル画を頂いて、リングという限られた
スペースに彫刻できるようにアレンジを加えてあります。

その頂いたアンティーク調のデザイン画より、最初にご提案したのがコチラ、、、
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 02
唐草柄と紋章が連続しているデザインでした

そこから紋章のほうを選ばれて、紋章と紋章の間の唐草柄を修正して、再びご提案[exclamation×2]
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 03
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 04
お客様のOKがいただけました~[晴れ]
ベースのデザインが決まるとひと安心(^^)
ここからは実際にワックスを作って、デザイン修正しながら細かい箇所を詰めていきます。

ちょっと見てもらいたいのが、CAD画像の唐草[exclamation×2]
太くて、ぼってり、した感じがありませんか?
完成品の指輪の唐草柄は悪くないバランスですよね (自分で言うな[あせあせ(飛び散る汗)]
大きなCAD画像で見てると、実際の大きさや仕上げによる研磨で
雰囲気が変わってくることがあるんです[手(パー)]

ワックスを何個も作って見比べてるのは、デザイン確認だけでなく、
そんなことも見極めるためでもあるんです(^^)

それでも分からない時は、、、 素材の安価なシルバーで製作しています[あせあせ(飛び散る汗)]
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 13
今回の指輪は柄が一周入っているため、後々サイズ確認ができません[手(パー)]
なので、デザイン確認と正確なサイズ出しのためにサンプルを作製しました[exclamation×2]

そんな修正を繰り返して最終的に仕上がった、本番用のワックスです。
唐草柄が見難い、、、(^^;)
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 05
細かい箇所は切削機では柄が入らないので、彫金工具や彫刻刀で柄を作ります。

オレンジ色のワックスなのでキャストが綺麗にいくか心配だったけど、、、
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 06
綺麗に流れてました~[晴れ]  ここまで来るとひと安心です(^^)

キャスト肌はこんな感じなんです。
これを研磨するとキラキラするとは、、、見えないでしょ[目]

さぁ~、仕上げ、仕上げ、ということで表面を研磨して、、、、
以前、ご紹介した ↓ こんな彫金工具でミルを抑えて、まん丸なミル打ちを入れていきます。
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 07

先端をドUPにすると、、、
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 08
これで一個一個、ミルを抑えていきます[手(グー)]


そして、仕上がりました~[晴れ]
アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 09
ウン、こうやって見ると唐草、いい感じにまとめられたと思います[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
・・・自画自賛モード中・・・(^^;)

アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 10
ミル打ちのとなりの凸ラインがいい感じなんです[るんるん]
あっ、これはお客様にもミル打ちと凸ラインはそのまま使いたい、
と言われたりするんですよ(^^)

アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 11
このカットが一番ミルの丸みが分かるかなぁ、、、[目]

アンティーク調の結婚指輪(ピンクゴールド) 12
今回のお客様は大阪在住の方からでした。
メールとワックス、そしてシルバーサンプルのやり取りで仕上げていきました。
エッグでは近郊の大阪や滋賀だけでなく、関東からのご注文を数多く対応しています。
何か気になることがあれば、お気軽のでお問い合わせください(^^)

それでは製作に戻ります~[あせあせ(飛び散る汗)]
 
アトリエエッグ【京都】は結婚指輪や婚約指輪をアレンジやオーダーメイドで作っている工房です。
作り手さんが直接お客様の対応をするので、気になることがあればお気軽にお問い合わせください。
          オーダーメイドで製作する結婚指輪|アトリエエッグ



 

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑