アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介です

公開日: 

さぁ~、今回はアーク溶接機(PUK05)の性能面のご紹介です[るんるん]
えっと、、、別に営業ブログでもないので、個人的にコレはできるの?
みたいなことを試してながらデータ取り、そしてブログにしてみました[exclamation×2]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介
文章少なめ、画像多めでご紹介です。 参考にしてもらえればと思います(^^)
今日のブログは長いです、ハイ[たらーっ(汗)]

ということで、キャストしちゃいました[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)] リング幅6.8mm 厚み1.75mm
カルティエのラブリングの一回り大きめを意識して製作した指輪です。
平打ちリングはリング幅や厚みムラが分かりやすいので、練習には最適だと思いました。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介01
ピンクゴールドとホワイトゴールド平打ちリングです[手(グー)]
素材の選択理由は個人的に扱いにくいイメージがあるので、、、それだけの理由です(^^;)

ザックリ、仕上げてあります。  これ以上研磨して磨り減るのがもったいないので[手(パー)]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介03

まずはピンクゴールドから[exclamation×2] 角を落として、そこを盛ってみます。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介04

盛ってみる材料は、、、 ローラで薄くしたピンクゴールドの板です。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介05

アーク溶接機(PUK05)の電源入れるとライトがついて明るくなります。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介06
あと、この場所自体が窓に近いので明るくやりやすい場所なんです。
ストレスなく、やりやすい場所、やりやすい姿勢で作業するって大事ですよね[晴れ]


リングをコード付クリップで掴みます。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介07
んで、コードの行き先は、、、 画像の本体左側に差し込みます。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介08
銀色のコネクターを差し込んでるコードはアルゴンガスやら電極への電線が通ってます。
す、すごい[目]

話を戻して、盛ってみました[手(グー)]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介09

別角度から[目]  3箇所盛ってみました。 一番左は角を削ったところ
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介10
真ん中は角があった箇所ですが、少しだけ盛れるかのチェック。
さらに一番右端はもっとちょっとだけ盛ったところです。

もった箇所の両隣の角がほとんど丸まっていないのが分かりますかね?
このデータ取りをしたかったです。(^^)/
角を盛ったいいけど、その周りの角を溶かして丸めていたら作業の意味がないので[あせあせ(飛び散る汗)]

盛った箇所を軽く削ってから、、、 こちらの先端工具の登場~[exclamation×2]
甲府の彫金工具屋さん 野沢製作所というところで購入
http://www.nozawass.com/item/F9-28/
僕はSTP-20:超硬部の直径が2mm というのを購入しましたが、
STP-15:超硬部の直径が1.5mmのほうを買い直すか検討中です(ToT)
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介11
盛った地金って、スが多いんです[あせあせ(飛び散る汗)]
盛った箇所を板バフかけてルーペで見ると大きめの巣がはっきり見えます。
なので、この工具でバチバチに地金を締めて巣を押し潰すイメージです[手(グー)]

板バフで仕上げていきます。 常に巣がないかルーペーでチェックしてます[目]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介12
ふくらみの残ってる時に巣が見つかるなら、上の先端工具で潰していけるので[手(パー)]

ちょっと角がでない場所もあるので、もう一度盛ります[ダッシュ(走り出すさま)]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介13

最終的な仕上がり~[晴れ] スはルーペで確認してもほとんどない状態でした。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介14
画像でいうと角に黒い点っぽい箇所が直したところです、 少し角が落ちてますが
面取りする工程でなくなるほどだったので、これ以上追いません。

続いては、、、 小さなスだけど、ちょっとだけ盛りたい。 のデータ取り。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介15
一番真上の白い点を盛ります。

一度、スを埋めてから盛りたいので、弱い出力で打ち込んで凹んだ箇所を盛ってみました。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介16
蚊に吸われた跡みたいに少し膨らんでる感じに盛れました
蚊は嫌いだけど、地金でこの盛り方は好きです。 あとの工程がしやすそうです(^^)

こちらも先端工具で締めた後、研磨するとスは出ませんでした。
その際当てる必要の無い箇所まで先端工具は当ててしまい、凹ませて
しまったので、そこが今後の課題です[あせあせ(飛び散る汗)]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介17


最後は大き目の穴を開けてみました。
入り口より中で空洞が広がってる感じにしてみました、湯口跡の空洞のように[手(パー)]
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介18

何発か出力を上げながら打ち込んでいくと突然穴が埋まりました。
画像では分かりにくいですが、打ち込んだ箇所は凹んでます。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介19
その後も同じ箇所を打ち込みましたが、破裂等の症状はでませんでした。
破裂というのは、何回か同じ箇所を打ち込んでるときにパンッって穴が開くときが
あるんです[雨][雨][雨]

そして、ピンクゴールドを盛ります。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介20
ポンポン進んでますが、けっこう時間が掛かります。
思ったように上手く盛れないんですよね(><)

地金を締めて、ヤスリを掛けるのではなく板バフを掛けてみました。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介21
巣が見えないと思います。 先端工具かける前の巣が出る状態も撮ればよかった[あせあせ(飛び散る汗)]

整えていくと、凹みがあるのでもう一度盛りました。
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介22

そして、整えた後に研磨した状態[目] 顕微鏡で見ると小さなスはありますが、、、
アーク溶接機(PUK05) 性能を画像多めでご紹介23
肉眼ではほぼ分からない状態だと思います。

ふぅ~、疲れた~、ブログ長すぎました[あせあせ(飛び散る汗)] 今日はここまで[手(パー)]
次はピンクゴールドのサイズ延ばしなどをやってみます[手(グー)]
 

 

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑