70年前の結婚指輪のサイズ直し

公開日:  最終更新日:2016/11/29

工房のお近くの方からのサイズ直しのご依頼でした[exclamation×2]
最近は京都市以外の方からのお問い合わせが多いのでお近くの人は久々です(^^)

指輪のほうを確認させてもらうと、、、
70年前の結婚指輪のサイズ直し01
シンプルなゴールドの結婚指輪です。 フムフム、コレならサイズ直しも問題ない[手(パー)]
リングの裏側も確認してみると、、、
70年前の結婚指輪のサイズ直し02
おぉ~、筆記体で文字入れしてあります[exclamation×2]
しかも、レーザー刻印ではなく、タガネ(彫刻刀みたいなもの)で彫ってあります。

ここらへんで イャ~な予感が。。。。[たらーっ(汗)]
そ、そして、、、、 やっぱり[あせあせ(飛び散る汗)]
70年前の結婚指輪のサイズ直し03
古~い結婚指輪だと思いました、、、(^^;)  70年前です[あせあせ(飛び散る汗)]
おじい様がスイスでご購入され、使用していた結婚指輪をお二人で使用したいとのこと。
彼氏さまのリングは+0.25番ですぐに終了[晴れ]
問題は彼女さまの-5番縮めです[手(パー)]
指輪の裏側にはほぼ一周メッセージが彫られていたので、サイズ直しはココですることに。
70年前の結婚指輪のサイズ直し04
「750」と翼のような刻印は消えて「18K」 刻印になります。
そして、筆記体で彫られた文字はできるだけ残します。 とお伝えしてー5番のサイズ縮めです。

以前なら、ー5番のサイズ縮めなら文字は消えます。と言っていましたが
最近、こういう感じの多くて麻痺してきています(^^;)

ということで、今回のサイズ直しは、、、
①ー5番縮めでサイズを出すこと。
②サイズ直しした箇所が分からないこと。
③文字入れを残すこと
という感じです。。。。[あせあせ(飛び散る汗)]
まずはサイズ出し[exclamation×2] いきなりー5番カットして小さくなりすぎると内側の文字に影響するので
ー4.5番くらいで様子を見てから再度糸鋸を入れて、ー5番にもっていきます。
70年前の結婚指輪のサイズ直し05
合わせ目もピッタリです(^^)/  こうすることでサイズ直し箇所が分かりにくくなります。

溶接(ロー付け)を終えて、整えていきます。
70年前の結婚指輪のサイズ直し06
サイズ直し箇所の裏側
70年前の結婚指輪のサイズ直し07
真円を出す際も内側に傷が入らないように注意を払いながらの作業になります。

今回は綺麗に表面を磨くよりはサイズ直し箇所が他と馴染むように仕上げました。
一番上がサイズ直し箇所[目]
70年前の結婚指輪のサイズ直し08
リングの裏側。 真円出しの際に小キズが付くので裏側は磨いています。
70年前の結婚指輪のサイズ直し09
文字が残ってホッとします。 リング裏側はスコープ(顕微鏡)を使いながら研磨です[手(グー)]
70年前の結婚指輪のサイズ直し10
最後にサイズ直し箇所。 「18K」の箇所でサイズ直ししてあります。
70年前の結婚指輪のサイズ直し11
納品した際にはサイズ直し箇所が分からないと言われていたので、よかったです[晴れ]
ただ時間が経つとローめが出てきてしまう可能性はあるんですm(_ _)m
もちろん、できるだけロー材は取ってありますが[手(パー)]
そして、無事納品も済み、他にも出したいサイズ直しの指輪があるそうなので
またご来店されるということでした。
今回サイズ直しした指輪のお話も聞けそうなので、楽しみにお待ちしていますね(^^)


※今までのアフターケアをエッグのホームページで見ることができます。
アトリエエッグの結婚指輪のサイズ直し ← こちらから移動できます。 ぜひご覧ください[晴れ]

 
アトリエエッグ【京都】は結婚指輪や婚約指輪をアレンジやオーダーメイドで作っている工房です。
作り手さんが直接お客様の対応をするので、気になることがあればお気軽にお問い合わせください。
         オーダーメイドで製作する結婚指輪|アトリエエッグ

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑