クラダリング!! アイルランドの伝統的な指輪

公開日:  最終更新日:2017/05/31

今回のご紹介はクラダリングです[exclamation×2]
アイルランドの伝統的な指輪でハートは「愛」、両手は「友情」、王冠は「忠誠」を表すそうです。
エッグでも製作するのは初めてでした。

まずは以前 ご紹介しましたが、、、ワックス。
クラダリング06
お客様がすでに身に着けられているペアリングのデザインを元に18Kゴールドで製作します。

キャスト上がりです[パンチ]  このままでもいい感じです[るんるん]
クラダリング05

そして、完成~[晴れ]
クラダリング
今回の指輪では凹み部分にサンドブラスト(強いつや消し)を当てていません。
キャストから上がってきた状態のつや消しをそのまま利用していますが
キャスト上がりは色にムラがあるので、炎で炙ってから硫酸に浸して色を均一にしています。

見た目的にはサンドブラストでつや消しにすると白色が混ざる感じですが
これは黄色のままつや消しになる感じ[手(パー)]
クラダリング02

レディスはリング幅4mmほど。 両端にぷっくりのミル打ちがされています。
なので、柄が入れられるスペースが限られているので苦労しました[あせあせ(飛び散る汗)]
クラダリング03

メンズはリング幅6mmほど。
サイズも大きかったので、かなりずっしり感のある指輪に仕上がりました[exclamation×2]
クラダリング04
柄がリング一周入っているため、サイズのお直しができません[手(パー)]
なので、お二人には体系維持をがんばってもらいます[手(グー)]

今回のお客様はなんとぼくが以前勤めていたジュエリー会社で検品をされていた方でした[あせあせ(飛び散る汗)]
嬉しさ半分、ちょっと不安も、、、、
というのも以前勤めていた会社は検品がホントに厳しかったんです[たらーっ(汗)]
気に入ってもらえたとのメールを頂き、ホッ~ としました[晴れ]

世の中狭いものです[exclamation×2]
さぁ、仕事に戻ります[ダッシュ(走り出すさま)]


シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑