個性的な婚約指輪 (18Kゴールド)

公開日:  最終更新日:2017/05/31

今日から12月、ほんとに早い~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
12月は納品分が多いのでほんとにがんばらないと[手(グー)]

さて、今日ご紹介の指輪は個性的な婚約指輪[exclamation×2]
久しぶりに京都在住のお客さまでした(^^)
or-e-12B[1].jpg
サンプルのコチラの指輪を気に入られて、、、
ダイヤの大きさを0.1ct⇒0.16ctに変更して製作しました。

そして18Kゴールドで製作[晴れ]
球体の連なった婚約指輪01
お見せしたサンプルより光らせてほしいというご希望だったので
真鍮ブラシで磨いて照りを出しています[ぴかぴか(新しい)] そして、石留めのミルはぷっくりめで製作。

ダイヤはDカラー、VVS1、そしてハートアンドキューピッド[晴れ]
球体の連なった婚約指輪02
今回は0.1ct、0.15ct、0.2ctで見比べてもらい、最初にダイヤの大きさを決定。
0.15ctを選択されたので、お見積もりを出して、いざダイヤを探してみると、、、
ランクによってあまり価格の差がありませんでした。

それならいいものを購入したほうが良い[手(グー)] と判断。
いずれ、お子さんにお譲りになる時に これは最高にいいダイヤなんだよ!! と言えるし(^^)
そして、無事納品もできました~[晴れ]

今回のお客様は結婚指輪もご注文してくださったので、ただ今オーダーメイドで製作中[パンチ]
そして最後はCAD画像のご紹介~[exclamation×2] お客様とのやり取りの途中で使用したものです。
個性的な婚約指輪03
ダイヤの大きさを決めてもらう際にお送りした画像で腕とダイヤのバランスを確認してもらいました。
もちろん最終的にはワックス製作して手にとって確認もしてもらいました(^^)

個性的な婚約指輪04
こちらはサイズ直し部分をつけるか、どうかの確認画像。 今回の指輪はサイズ直しができません。
強引にすることが出来ますが球が小さくなったり、横長の球が出来たりします。
それなら、違和感がないように最初にサイズ直し部分をつけるかの判断をしてもらいました。
ダイヤの下穴が広すぎますが、そこはワックスでは修正してます[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

と、エッグではCG画像なので本番製作の前に何度か確認を取りながら進めていきます。
遠方からのご注文を対応してますので、お気軽にお問い合わせください[晴れ]

さぁ~、今月もオーダーメイドの製作がんばりまっす[exclamation×2]
 

 

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑