リボンの結婚指輪のワックス

公開日:  最終更新日:2017/05/26

8月16日、京都では五山の送り火の日です。
これが終わると夏も終わりのイメージがありましたが、最近はまだまだ暑い日が続きます[晴れ]
さて、お盆休み真っ最中ですが、今年のお休みは2日間のみでした[あせあせ(飛び散る汗)]
そんなお盆中に製作していたのは、、、
リボンの結婚指輪 ワックス
結婚指輪に付けるリボンのワックス[exclamation×2]
薄さは1mmぐらいです[あせあせ(飛び散る汗)] リングに表面に沿うように湾曲しています[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
全体はお見せできませんが、リングにはリボンが少し埋まるように凹みがつけてあります。

パズルのようにぴったり合わせるは苦労しました~[パンチ]
結婚指輪はずっと身に付けるものなので、実用性も必要になってきます。
でもデザインにもこだわりを持ちたい、となると厚みを抑えた中で立体的に表現する
必要がでてきます。

そんな訳でリボンを薄いワックスで作る必要が出てくるんです。
無事仕上がったし、次は鋳造へ~[ダッシュ(走り出すさま)]
 

その他は
フェデリング ワックス
ようやくペアで完成したフェデリング[exclamation×2]
仕上げのことを考えるとワックスでかなり表面を滑らかに仕上げました
フェデリング ワックス 02
来週鋳造に出して、週末から地金での製作に入ります[ダッシュ(走り出すさま)]
さて、先週いろんな結婚指輪を見ようということで、市場調査へ、、、
梅田と心斎橋を歩いた、歩いた[あせあせ(飛び散る汗)]
いろんなブランドさんを雑誌やカタログで見ることがあっても
直に触って見る事は久しぶりだったので本当に勉強になりました。

写真ではどうしてもかなりアップで撮影されているので、実寸の大きさでは
雰囲気が違います。

そしてもうひとつ勉強になったのは接客の仕方。。。。
ここまで違うのか、、、と思いましたね (^^;)
「軽く下見に来ただけなんで、、、」 と言ってもガンガン話し掛けてくるところもあれば
少し距離をもって見てて、話かけてくるお店もあります。

ちなみに二人で行って、一番よいと感じた接客のお店は同じでした。
梅田阪急 カルティエさん。 (名前だしたら、まずいかな[あせあせ(飛び散る汗)]
ここの店員さんは見守るのと話しかけてくるバランスが上手だなと思った。

ちなみに以前勤めていた会社もいい感じだったので、なんかうれしい(^^)

さぁ~、この後は五山の送り火を見ながらの飲み会[ビール]
行ってまいります~ [ダッシュ(走り出すさま)]
 

 

シェアありがとうございます

PAGE TOP ↑